カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2019年06月 次月>>
最近のコラム
カテゴリー
最近のコメント
過去の記事
サイト内検索
記事参照ランキング
{POPRANK}
POWERED BY
CUNEL.COM

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
OTHER
Visitor:
 

          ↑のCunel的レビュー
  gogo.gs
 
 


TOP   
<<前の10件 | 1 | ... | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 次の10件>>

2001,05,12, Saturday
AM11:00 「チサン」ポイントでショウ君とコウキと入水。サイズはヒザ~モモ。「腰はあるよ!!」というコウキのガセネタにだまされずにセミロングを抱えていざ海へ!天気はカンカン照りで、日焼け間違い無しの日差しだ。水温もかなり高くて、スプリングでも平気なくらい。波が小さかったからか、周りはみなロングボーダーばかり。

そんな中にいた一人のショートボーダー。よく顔を見ると、そいつは大学の友人の辛口サーファー・ハニュウだった。彼はいつも「パーク」ポイントでサーフしているはずが、今日は「チサン」まで来ていた。「パーク」はほぼフラットだったらしい。あんなにバカにしていたオレのセミロングを何気に楽しんでいた…。かわいいやつめ。約3時間もサーフィンしたので、首から上が真っ黒だ!でも、ハニュウは5時間はサーフィンしてたな…。


| Surf Diary::湘南 | 08:29 PM | comments (0) |
2001,05,01, Tuesday
PM13:00 「チーパー」ポイントでオレ一人で入水。サイズはヒザ~モモ。このコンディションだったのでセミロングでサーフ。かなりインサイドの波じゃないときつかった。

その後、「船小屋前」ポイントにチャリンコで移動。ここのほうがうねりが入っていた。しかし、サーファーの数は多い。一人で入るのは寂しかった。1時間30分であがってしまった。やはり湘南はつらい。


| Surf Diary::湘南 | 08:39 PM | comments (0) |
2001,04,30, Monday
AM7:00 起床。天候は大雨。東からの風が猛烈に吹いている。昨日はあんなに早く寝たのに二度寝した。さっさとテントを片付け、出発。石ちゃんがiモードで波情報をチェック。湘南にも低気圧のスウェルが届き始めたらしい。今日は東沿岸のポイントは強いオンショアでぐちゃぐちゃだろう。こんなときこそ「平砂浦」ポイント。見事南からのうねりをキャッチし、東風がオフショアとなるこの地形。
やはりコンディションはよかった。サーファーもそれなりに多かった。サイズは腰~胸。セットが入れば頭くらいありそうだ。面はツルツルでオフショア特有の水しぶきが気持ちいい。だが、意外と波は厚めだった。時より来るお化けセットは頭以上あった。雨の中ではあったが気持ちがよいサーフだった。気が付けば3時間30分ほど楽しんでいた。

PM14:30 いよいよ帰り。南房総で何度もお目にかかった「スーパーおどや」で昼食後、メロウな気分にぴったりのRED HOT CHILI PEPPERS の「Californication」を聴いて一路茅ヶ崎へ。3日間とも茅ヶ崎では味わえないサーフィンが楽しめた。


| Surf Diary::サーフキャンプ | 09:37 PM | comments (0) |
2001,04,29, Sunday
AM5:00 起床。天候は微妙な曇り。今にも降ってきそう。っていうか夜中に暴風雨だったらしく、テントはしっとりと濡れていた。Sky Storeに干していたウェットスーツがまたびしょ濡れになっていた。早速出発し、まずは昨日入水した「丸山川河口」ポイントへ。これがまた微妙なサイズ。見たかぎりでは昨日のほうがコンディションはよさそうだった。サイズは腰くらい。あまり割れていないらしく、インサイドで割れる感じ。
で、北上して「和田J's前」ポイント。ここも微妙。一気に鴨川へ。目の前が「待崎川河口」ポイントの駐車場で波チェック。ここはまぁまぁうねりが入ってきていて、コンスタントに腰くらいのサイズがあった。しかし、サーファーの人数がハンパじゃなく多い。鵠沼級のサーファー密度で危険だった。


車の中から波チェック

これ以上北上しても仕方ないと判断したオレらは、マックで朝食後、約1時間かけて一気に南下し「平砂浦」ポイントへ。しかし、サイズは昨日と同じスネ以下。はっきりいってサーフ不可能。低気圧が来ているからそろそろ南のうねりが届いているかと思いきや、未だ届かず。再び「丸山川河口」ポイントへ。やはり、見た感じでは一番最初にチェックしたここが一番いいのかな。

AM11:30 やっと入水。入って気付いたのは、どうしてなかなかサイズがあることだった。胸はあった。セットが入れば頭近くのサイズもあった。少々オンショアだったので面がざわついてはいたが、全然オッケーだった。やはり遠くからの波チェックだけではだめだと思いながら約3時間30分楽しむ。

昼食も取っていない。このときはすでに雨が降っていたので、BBQは中止にして千倉のラーメン屋へ。そこのおっちゃんがいい人で、コーラをおごってくれた。メニューにないセットも作ってくれた。おまけに近所の温泉情報も教えてくれた。ラーメン&豚丼は美味かった。テントに戻った頃にはざあざあ降りだったので、テントから一歩も出ずにプチ宴会。でも、酒を買い忘れたので「ヤクルト」で乾杯。


菌を取ろうぜ、菌を。

PM21:30 サーファーの夜は早い!?就寝。


| Surf Diary::サーフキャンプ | 08:36 PM | comments (0) |
2001,04,28, Saturday
AM4:45 友人の石ちゃんとミヤケちゃんが石ちゃんの愛車「オデッセイ」にボードを積んでオレの家まで迎えに来てくれた。そう、これから南房総にサーフキャンプに出発するのだ。少し遅れて友人のコウキとショウがコウキの愛車「テラノ」でロングボードを積んで登場。コウキはロングボーダー。一路フェリー乗り場の横須賀・久里浜へ。フェリーの始発はAM6:20。船内はサーファーの他にゴルフ親父、釣り人などでごった返していた。

AM7:00 頃房総半島の金谷に到着。早速波をチェックすべく太平洋側へ。まずは「平砂浦」ポイントをチェック。ここは東京湾寄りに面していて、南西からのうねりに反応するポイント。房総フラワーライン沿いに車を止め、約300mはある森の中を歩いて浜を目指す。


「平砂浦」ポイントへ続く森

森を抜けると小高い丘になっていて、歩いてきた森を見渡すことが出来た。


森を抜けた所にある小高い丘

振り返ると「平砂浦」が一望できた。波はセットでスネあるかないか…。これではサーフィンできない。そそくさと「平砂浦」ポイントを発った。


「平砂浦」ポイント

続いて向かったのは太平洋側に面する最南端ポイント「千倉」ポイント。ここも相変わらずサイズは膝。だが、数人のロングボーダーが入水していた。


「千倉」ポイント

ぐんぐんと北上し、「千歳」ポイント、「丸山川河口」ポイント、「白渚」ポイント、「和田J's前」ポイントと続けてチェック。その中でも特に目をひいたのが「丸山川河口」ポイント。サイズは腰~胸がコンスタントにあり、セットでは肩~頭ほどのサイズがあった。ただ、厚めの波が中心でパワーがあまりなく、沖とインサイドで2回ブレイクするなんとも乗りにくそうな印象の波だった。風は無く面もクリーンだったし、なんといってもサーファーの数が数名だったので早速着替えて入水。初日だったからか、約2時間30分で終了。みんなガツガツ乗りました。

PM13:00 駐車場でメロウな時間を過ごし、「千歳」ポイントの前にあるレストラン「チトセポイント」で昼食。安くてボリュームのあるメニューがサーファーに大人気らしい。洋風カツ丼(980円)は美味かった。


沖縄三味線を弾くミヤケちゃん


負けじとウクレレで対抗するオレ

2ラウンド目にチャレンジする元気もなく、初日からとばさなくても…ということで、「スーパーおどや」で買い物し、そそくさとキャンプ場へ向かいテントをたて、BBQ。


5人で割り勘で購入したテント


Sky Store!?の店員。ウェットも売ってます

PM22:00 明日も朝は早いぞ!ということで就寝。テントを斜面に立てたらしく、寝袋がすぐにズレ落ちながらも爆睡。


| Surf Diary::サーフキャンプ | 10:09 PM | comments (0) |
PAGE TOP ↑

<<前の10件 | 1 | ... | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 次の10件>>