趣味は“自宅で撮影”

僕は無趣味な男。それを打開するためにウクレレを再開しましたが、実は本当は、やっているところを人に見られたくない趣味があります。
その趣味は『自宅でカメラ撮影』。一見すると聞こえがいいですが、“自宅で”というのがミソ。被写体は…テレビの画面。何かっていうと、サーフィンのビデオを再生して、ライディングを披露しているサーファーを撮影するのです。
これが実に面白いんです。最高の波に乗って最高のアクションを披露してくれる世界のトップサーファーたちを被写体にできるんですから。そして何より、撮影する技術力が磨かれます。
サーフィンの撮影はタイミングが命。一番掘れ上がっている瞬間、一番鋭角に当て込んでいる瞬間、一番深くターンしている瞬間、一番高くエアーしている瞬間!そのタイミングをつかむいい練習になります。連写撮影は便利だけど邪道!一番のタイミングを逃す可能性もあるし。
…でも、それはプロサーファーが被写体だから。期待通りのヤバイ技を、想定したタイミングでやってくれますからね。これが仲間のサーフィンを撮影するとなると、がらりと話が変わります。ターンしてくれなかったり、ワイプアウトしたり…。まぁ当然ですけど。
撮ったらすぐ確認できて、すぐ削除できるデジカメは本当に偉大だ!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です