2006年ASP WCTシードリスト

パイプラインマスターズでのアンディ・アイアンズの優勝で幕を閉じた、2005年度WCTワールドチャンピオンシップツアー。ケリーが前人未到の7度目の世界王者を獲得し、来年度の動向が気になるところだが、早速2006年度WCTのシードリストが明らかになった。

★WCT上位
Kelly Slater (USA)
Andy Irons (HAW)
Mick Fanning (AUS)
Damien Hobgood (USA)
Phillip MacDonald (AUS)
Trent Munro (AUS)
Taj Burrow (AUS)
Nathan Hedge (AUS)
Bruce Irons (HAW)
C.J. Hobgood (USA)
Cory Lopez (USA)
Joel Parkinson (AUS)
Jake Paterson (AUS)
Fredrick (jnr) Patacchia (HAW)
Victor Ribas (BRA)
Dean Morrison (AUS)
Luke Egan (AUS) ⇒ 引退
Tom Whitaker (AUS)
Paulo Moura (BRA)
Mark Occhilupo (AUS) ⇒ 引退撤回
Travis Logie (ZAF)
Daniel Wills (AUS)
Richard Lovett (AUS)
Taylor Knox (USA)
Troy Brooks (AUS)
Peterson Rosa (BRA)
Darren O’Rafferty (AUS)
Marcelo Nunes (BRA) ⇒ Luke Egan引退によりシード入り
★WQS上位によるWCT入り
Adriano de Souza (BRA)
Bobby Martinez (USA)
Adrian Buchan (AUS)
Shaun Cansdell (AUS)
Pedro Henrique (BRA)
Luke Stedman (AUS)
Roy Powers (HAW)
Pancho Sullivan (HAW)
Yuri Sodre (BRA)
Greg Emslie (ZAF)
Raoni Monteiro (BRA)
David Weare (ZAF)
Tim Reyes (USA)
Mikael Picon (FRA)
Jarrad Howse (AUS)
★WPS(ワイルドカード枠)
Chris Ward (USA)
Mick Lowe (AUS)
Toby Martin (AUS)
★Replacements(欠場者発生時の補欠枠)
Bede Durbidge (AUS)
Jihad Khodr (BRA)
Lee Winkler (AUS)
2006年度の見所はなんといっても王者ケリーがフル出場するか!?アンディの巻き返しは!?ミック・ファニングらの活躍は!?というところだが、期待のニューフェイスも大御所ぞろい。
ジュニア世界チャンピオンのアドリアーノ・デ・ソウザは、ブラジル勢の中でも世界チャンピオンを狙える逸材だし、ボビー・マルチネスやエイドリアン・バッカンも待望のWCT入り。パンチョ・サリバンはWCTクオリファイ最年長の記録。ワイルドカード推薦枠ながらも、コンテストにニューウェーブをもたらしたクリス・ワードのリクオリファイもうれしいところだ。
また、毎年開催地を移す『Rip Curl Search』はメキシコでの開催も決定。2005年は中止だったスペインも復活の予定。来年も日本ではマリブ開催なのか!?
終わったばかりのWCT、来年度も目が離せない!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です