トドス・サントスの68ft

今年も“サーフィンを超えたサーフィンバカ”を決める『Billabong XXL Awards 2006』が、現地時間の14日にカリフォルニアのアナハイムで開催されたようです。
「どれだけデカイ波に乗ったか」を決めるBiggest Wave Award、「それをパドリングで乗れるの!?」という驚きを決めるMonster Biggest Paddle Wave、「うゎ~、エグイ!」というチューブライドを決めるMonster Tubeというように、各カテゴリでの“サーフィンを超えたサーフィン”を決めるのだ。
そのBiggest Wave Awardには、映画『Billabong Odyssey』でもおなじみのブラッド・ガーラックが受賞!メキシコのトドス・サントスで昨年12月にメイクした68ftのモンスターウェーブでした。ちなみに、ガーのよきパートナーのマイク・パーソンズも、2001年に同じトドス・サントスで66ftをメイクして受賞しているということ。
Monster Biggest Paddle Waveでは、チリ出身のディエゴ・メディナというサーファーが、同じくチリのプンタロボというポイントでメイクした波。
そしてMonster Tubeは、シェーン・ドリアンがあのサーフムービー『Campaign2』でラストを飾ったことでおなじみの、チョープーのディーープなバレルでした。
毎年毎年「どんな波が見れるの!?」と楽しみにしているこのアワード、ホント口がアングリになります。
Billabong XXL Awards ⇒ http://www.billabongxxl.com/
Surfline News ⇒ http://www.surfline.com/surfnews/article_bamp.cfm?id=2303

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です