レンズのなかの茅ヶ崎

本屋で熱い本を見つけた[:ぎょ:]その名も『レンズのなかの茅ヶ崎 ~昭和の記憶~』。
幼いながらもうっすらと記憶に残っている、懐かしの茅ヶ崎の風景。もちろん、僕らの世代じゃ知らない“Always”の昭和の風景もぎっしり。全192ページ、オールカラー(もちろんモノクロ写真はモノクロですが)でボリュームたっぷり。茅ヶ崎市民なら要チェックでしょ!
駅ビルが出来る前の旧茅ヶ崎駅前やパシフィックホテル、侵食前の広い海岸…。
1950年代の香川駅の写真なんて、“これぞ日本”な風景に一気にタイムスリップさせてくれるぞー。


絵葉書も交えた、134号線の今昔物語。50年前の134号線、今なんかよりもよっぽど魅力的

懐かしい、茅ヶ崎駅前の開かずの踏み切り!
今はマンションだらけで寂しいのぅ…。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です