最注目キャンプアイテム『ソーラー充電式 LEDライト』

梅雨明けが待ち遠しいこの季節。

梅雨が明け、本格的な冬が到来するまでの間は、キャンプシーズン真っ只中って感じですね。

グランピングの大流行もあり、リッチなキャンプギア・グッズを揃え、趣味趣向・個性爆発のオリジナルキャンプスタイルを築いている昨今。

私的にはその流れには乗れず、特にお洒落をするわけでもなく、見た目的にもつまらないキャンパーではあります…。

あ、でも春先にドッペルギャンガーのタケノコテントを購入しました!

その名の通りタケノコのような、モンゴルのパオのようなテント
八角形の形状は新鮮。八方向に1m程度のポールを引っ掛けて立てて、最後に室内に3mほどの長さのメインポールをぐいっと持ち上げて完成
室内は8畳の広さがあるとカタログ情報だが、体感的にはもっと広い。4人家族が3組は泊まれそうなくらい。中央にちゃぶ台や囲炉裏テーブルを置くのが定番。

グループでのキャンプならワイワイ楽しめそう。
まだ1回しか使っていないけど、これから活躍するかな。

グラウンドシートも専用のものを使うのをおすすめ。

で、イチオシグッズはこちら。
ソーラー充電式のLEDライト。これがめちゃめちゃ優秀です。

まず、なんと言っても「ソーラーパネル付き」であること。
メイン充電はUSBコネクター経由での充電になるけど、放電を防ぐという意味での補助電力としてはソーラー充電の機能は超貴重。災害時にも活躍するでしょう。

で、充電済みの本体から、USBバッテリーとしてスマホなんかの充電をすることが出来てしまう。これも災害時に活躍するでしょう。

LEDライトは2パターンの中から選べるのだけど、自分は断然「暖色」の方をオススメ。
暖色でも十分に明るいです。明るさは2段階に切り替えができるのだけど、強モードは直視は出来ないくらい眩しい。

吊るしやすいカラビナ付きなので、フック大好きキャンパーなら重宝するでしょうね(笑)

連続稼働時間は6時間。夕暮れから就寝までのカバーは十分に可能。

ま、使い方としては、ランタンなどが使えないテント内での照明にするのがベストでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です