オニール・ワールドカップ開始

ハワイ・オアフ島のノースショアで、ASP-WQS&WCTの最終戦となる3戦『VANS Triple Crown of Surfing』が開幕している。23日までハレイワ・アリィ・ビーチパークで行われていた第1戦『OPプロ』は、ノースショアでの大会ではめっぽう強いパンチョ・サリバンが優勝。
そして現在、サンセットビーチにて第2戦『O’neillワールドカップ』がスタート。WQS最終戦となるだけに、来年のWCT入りを目指すアップカマーたちには重要な舞台。
話は変わりますが、サンセットの波ってスゴイ。トリプルクラウンの舞台の3ポイントの中でも、個人的には一番好きなポイント(とは言っても素人の私ではとてもじゃないがサーフできません)。パイプラインのようにチューブ勝負というわけではないし、観戦には双眼鏡が必須というくらい遥かアウトのブレイク。ギャラリーとしては、間近で繰り広げられるチューブ合戦inパイプラインのほうが魅力的なのかもしれない。
でも、サンセットの波は見てて面白い。ワイメアのビッグコンディションは見たことがないので、ノースショアで一番大きな波を見たのがサンセットビーチだった。すご~~いアウトで、米粒のサーファーがドロップテイクオフして、どんどん大きくなる波。
双眼鏡があるのなら、ビーチに座ってじっくりと観戦してください。
O’neill World Cup ⇒ http://www.triplecrownofsurfing.com/sunset/index.php

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です