自由自在に着うた作成

過去に何度かチャレンジしたけど…ことごとく失敗していた、携帯電話の着メロ(というか着うた?)作成。しかし!これが予想以上に簡単に作れてしまうということを知りました。
私はドコモのFOMAユーザーなので、着モーション(iモーション)の作成手順ということでご紹介。
まず、着モーションにしたい音源を用意しましょう。MP3でもOKです。さて、ここで肝心なのが「音源のどのパートを着モーションにするか」と言うところ。普段頭を悩ませるのが、着うたサイトの着モーションは自分の好みじゃないパートだったりする点。「オレはPANTERAのMouth For Warの出だしリフを着モーションにしたいんじゃ~!うぉ~!」って言う人いるでしょ?なので、音源の切り取りが出来るソフトが必要です。私は動画編集ソフト『Ulead Video Studio』を持っているので、難なく切り取り完了。フェードアウトなんかも出来るのでいい感じ。ちなみに、FOMA機種の性能上、出来上がる着モーションファイルが300KBか500KBに収まっていないといけないので、約30秒~50秒程度に切り取りが必要です。
さ、いよいよ着モーションファイル(厳密には各種MP4フォーマット)へ変換です。ここで登場するのが『携帯動画変換君』というフリーウェア。出力したいフォーマットを設定し、音源をドラッグ&ドロップするだけです。非常に簡単!FOMAの場合は、「機種別設定」という出力フォーマット設定欄で「3GPPファイル、音声AAC形式一般設定」を選んでおけば大概はOKのはず。ちなみにau、ボーダフォン端末用フォーマットへの変換も出来ます。
※機種ごとに設定が異なる場合があるので、要確認ですね。
最後に、作成した着モーションファイルをWeb上にアップロードする必要があります。Webから携帯でダウンロードしないと、着モーションには設定できないらしいです(miniSDからのインポートでは設定できないとのこと)。
とっても簡単ですねぇ。詳しい説明をしているサイトがあるのでご紹介。
着モーション(着うた)を作成する方法 ⇒ http://www.eonet.ne.jp/~link-room/k-tai/docomo/FOMA/tyakumotion.html
着うた、iモーションまとめ ⇒ http://www.eonet.ne.jp/~link-room/tyakuuta-imo.html
携帯動画変換君 ⇒ http://www.nurs.or.jp/~calcium/3gpp/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です