2010年ラストを飾る至仏山BC!

いよいよGW突入~♪ということで、お楽しみ企画第1弾は、最後のバックカントリー、行き先は…日本百名山の一つ、至仏山!
わずか10日間程度しか入山できない、この時期の至仏山を狙うのだ!
当初の日程とずれてしまったが、先月にお会いした谷川岳山岳警備隊の新井さんコーディネートの下、登頂スタートだ~!

ここから山頂までは約3時間半、緩やかな斜面なので余裕かな~

静かな山をのんびりおしゃべりしながら登る…と思いきや、実は何十名の登山者が居て、ワイワイガヤガヤなお山だったりする

森の中からついに顔を出した至仏山頂!
このまま頂上へ一気に…と行きたいところだが、実は予報ではこの後雨が降るのです…。
視界も悪そうで、せっかく広大なバーンを滑るのにはもったいない!ということで、雨が止むであろう12時半頃まで、途中にある天然パイプの沢で遊ぶことになった!
(というかこの沢での遊びは当初からの予定通りだったりして[:にひひ:])

自然がもたらした造形美で遊ぶ!これはRGBのショウジさん。変態なラインを攻めてました~

エアーもカービングもさすがプロ!な、こないだお世話になったHIGH FIVEヌマケンさん

サーファーやスケーターにはたまらない、バンクtoバンクの連続!
雨雲レーダーとにらめっこしてて、予報どおり12時半に雨が止んだ!青空も見え始め、さっきまでの嵐がウソのよう!
さぁ、気を取り直してハイクアップ再開だ!

森林限界を超え、小至仏山をトラバース

尾瀬ヶ原を見下ろし…向こうには東北最高峰の百名山、燧ケ岳が

風が強かったけど眺めも良くて楽しい登山[:にひひ:]
沢から約1時間、いよいよ至仏山の頂上に到着!到着した時は眺めも抜群!ちょっとコーヒータイム&記念撮影タイム~!

今回お世話になった新井さん、かなりお茶目なヒト!

ココから先はもうドロップ地点です!滑るまでのお楽しみにとっておこう
コーヒータイムの大休止をしていたら…あらー、ガスってきちゃった!しかし、新井さんの判断で、ちょっとガスが薄くなった隙をついてついにドロップ開始!
どうやら、100mも下れば、ガスは取れて広大な景色が現れてくるとのこと!そのお言葉に期待し、いよいよ滑走だぁ!
新井さんのお言葉通り、ちょっとしたらガス一つないヤバい景色が!そしてどこまでも続くオープンなバーン!どこを滑ってもOK!山頂にはあれだけ居た人たちとも、途中だれともめぐり合うことすらない広大さ!

右下にいるのが、オイラの一つ先に行った。隣り合うヒトの距離がコレだけあいています!

ここから滑り降りてくるんです
上のほうはちょっと雪が重くて、気を抜くとノーズから引っかかる感じだったけど、下におりてくるとボードは走り出して、何ともいえないスピード感が味わえる!

どデカイターンを刻むその快感がタマラン!

あっという間にこんなに降りてきちゃった!の図

ここからもうひと滑りし、森の中のアドベンチャーを体験
登りはアレだけ時間をかけたが、くだりはホントあっという間。でもスゲー楽しかった!
最後に鳩待峠までの登り。新井さん曰く「10分」だったが、だいたい20分以上かかったかな…。

みんなココで結構疲れてやられていたけど、オイラは山歩き楽しみました☆
途中ストームに見舞われるという災難に見舞われたものの、ラストは開けた視界で最高の滑りを楽しむ事が出来た!
これも全て新井さんのコーディネイトのおかげです。本当にありがとうございましたー!
そして、我らCUNELのBCクルーも毎度ありがとう。来年も楽しみましょう~!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です