2019年ハワイ・オアフ島へウェディング&サーフトリップ2日目:ケワローズで2ラウンドサーフィン

ハワイ・オアフ島トリップ2日目。

前回記事

2019年ハワイ・オアフ島へウェディング&サーフトリップ1日目:カカアコからワイキキバニアンへ

今日の予定といえば…サーフィンやりまくって、あとは土産買い物くらいかな!?

ということで早起きして部屋で朝食。

朝食はコンドミニアムの部屋で、スーパーで購入しておいたグラノーラとフルーツを

アラモアナ・ボウルズをチェック

まず訪れたのは、アラモアナ・ボウルズ。
サマーシーズンのサウスのサーフシーンの代名詞とも言えるポイントなので、楽しみにしていたのだが…

まずはアラモアナボウルズをチェック

残念ながらあまりそそるようなコンディションではなかった。
ブレイクは堤防沖の左側ワンピークのみで、人も集中していた。ウネリもまとまりに欠けていた。

アラモアナボウルズは見た目やや物足りなかった

んー、移動しようかな。もう一箇所、気になるポイントがあるのでそちらへと向かう。

1ラウンド目はケワローズでサーフィン

やってきたのはアラモアナ・ボウルズから車を少し西へ走らせたスポット、ケワローズ。

ここはローカル色が比較的強めらしいが、キッズたちの登竜門にもなっているスポットで、老若男女がサーフィンを楽しんでいるような感じだ。ショートボーダーとBBしか見当たらず、ロングボーダーは居ない。

ケワローズで波チェック。ビーチに降りる階段は、エントリー時も上がるときにも使う出入り口だ
アラモアナ・ボウルズよりもまとまりがあり、ピークも複数点在していて十分に楽しめそう!
ケワローズはダイヤモンドヘッドが綺麗に眺められるサーフポイントだ

雰囲気も最高だし、ここでがっつりサーフィンしよう!

ワックスアップして日焼け止め塗って…ワクワクする時間

波は思ったよりも小さかったが、さすがリーフブレイク、形よくブレイクし、ショルダーも張ってロングライドできる波だった。

ただし、インサイドはかなりシャロー(浅い)でウニに注意。クルーのオザキングはボトムの珊瑚に足をついてかかとがぱっくり切れていた…。
(本人は何も気にせずサーフィンしていたが笑)

このラウンドの一部をサーフィン動画にて。

 

 

 

ランチはEggs’n Things(エッグスンシングス)

私はホイップクリームが大の苦手で、パンケーキにも全く興味がない。
…なかったのだか、Amazonプライムのオリジナルドラマ「しろときいろ」に激ハマりしていたので、やっぱり一度はワイキキでEggs’n Thingsには行ってみたかった。

って事で、ランチは42歳のおっさん5名でEggs’n Things Waikiki Beachへ。
※日本語NG

yelpレビュー
食べログレビュー

思っていたよりも食べやすい!

奇跡的に行列なしで入店が出来た。店を出る頃には長蛇の列だった…ラッキー

とりあえず選択肢ナシで、看板メニューであるWhipped Cream Pancake Sampler (Strawberry, Blueberry, and Banana Pancakes 3pcs) $13.00を。

ホイップクリームがさほど甘くなく、固さもあったので意外と食べれた

ワイキキビーチをぶらり散策

ランチ後、お腹を落ち着かせるためにもワイキキビーチを散策。
なにげに、ゆっくりとワイキキビーチをうろつくのは初めてだったりする。

サーフィンの先駆者、デューク・カハナモク像にて。旅のクルーの海ちゃんは初ハワイ
ワイキキビーチ散策
ワイキキビーチってこんなに狭かったんだ…
デューク像のすぐ隣りにあるバニアン(ガジュマル)

ダイヤモンドヘッド・クリフス&ライトハウスへ波チェック

ランチ後、アラモアナのTarget(ターゲット)&ショッピングセンターでお土産物色をして、一息ついたところで本日第2ラウンドのサーフィン。
一度見ておきたかった、ダイヤモンドヘッドの眼下に位置するクリフス&ライトハウスをチェック。

残念ながらトレードウィンドが若干東寄りに強めに吹いている影響もあり、ザワザワとしたラインナップだった。

ロケーションはもう抜群に良い、クリフス&ライトハウス
んー、悪くないんだけど、午前中のケワローズの波を思い出すとそっちになびく…

第2ラウンドもケワローズ

結局、午前中の1ラウンド目が良いサーフィンが出来たので、第2ラウンドも同じくケワローズへ。

一時的にスコールが降りしきる、ハワイ特有の天候。おかげでレインボーがたくさん出現。シャッターチャンス

波は相変わらず良さそう。午後が潮が上げてきていて、水の量も増えてパワーアップしていた。
一同、問答無用にここでサーフィン決定。

波チェックしている風だけど、ノーチョイスでケワローズでのサーフィン決定

2ラウンド目も素晴らしく良い波で、貸し切りのピークもありウハウハのサーフタイムを、日没まで満喫。

ケワローズはアラモアナの高層ビル群が直ぐ側にあり、日本では有り得ないアーバンサーフが楽しめた。

ディナーはマイタイ!

せっかくのワイキキステイ、ということで、今夜はワイキキのオンザビーチのレストランでディナー!

夜はワイキキの街へハングアウト!

向かったのは、Duke’s Waikiki(デュークス・ワイキキ)。
※日本語NG
Yelpレビュー
食べログレビュー

しかし、なんと1時間待ち…。ということで、ビーチの並びにある別のお店を散策。

お店探しはワイキキビーチをうろつく

そして見つけたのが、Maitai bar(マイタイ・バー)。
※日本語NG
Yelpレビュー
食べログレビュー

ハワイといえば、マイタイ!らしい。

マイタイとは?

トロピカルカクテルの女王ともいわれるカクテルで、口当たりは甘く、ついついグビグビとジュース感覚で飲めてしまう。
「マイタイ」とはポリネシア語のタヒチ方言で“最高!”という意味らしい。
ホワイトラムをベースに、ダークラム&パインジュース&オレンジジュースという、なんとも南国なレシピのカクテル。
これはワイキキでしか許されないレシピかも…。

マイタイ・バーにて、42歳おっさん5人衆がマイタイで乾杯

マイタイ・バーはその立地から、ショバ代が料金の半分を占めていると言っても過言ではないようなプライス帯。
でも、カクテルシュリンプとコブサラダは美味でした。

メニューもお高いので…アペタイザーで終了(笑)

締めはワイキキ横丁でラーメン

んー、やっぱりちょっと物足りない。
ということで、日本食のフードコートが集結している、ワイキキ横丁で締めのラーメンを食すことにした。

訪れたのは、BARIO(バリオ)。
※日本語OK
Yelpレビュー
食べログレビュー

ここぞとばかりにラーメンをがっつく42歳ども
ハワイで食せるラーメンレベルとしては最高峰、バリオ

海外で食すラーメンの中では、レベルは非常に高い。日本で食べるラーメンと何ら変わりはなかった。
驚いたのは、食べきれなかったラーメンをお持ち帰りする外人女子が隣の席に居た…。
麺とスープは分けてもらえているのだろうか!?

こうして2日目は終了。

続く

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です