あいつら、負け組だ

AM2:30 ぶへ~、こんな時間に起床するなんて…。だってだって、今日は波崎に行くんだもん。おきてまずは、コウキ、石ちゃんを叩き起こす。んで、コウキ、石ちゃんと石ちゃん家泊のミヤケちゃんを拾い、暗闇の中首都高へ!東関道へ入った頃には東の空が赤く輝いてきた。美しい朝、すばらしい一日が始まる…といいのだが。

朝焼けの東関道

タバコじゃないよ、チュッパッチャップスと利根川

AM6:00 約2時間半で波崎到着。「風車前」Pではギャルがウェットに着替え中だったので、ちょっとチェック(波をね)。第1弾ブレイクはトロ目で微妙だが、第2弾ブレイクだったら問題なく乗れそうかな。サイズがちょっと乏しいかな。ということで、一目散で「植物園」Pへ。風は終日南風、すごく期待してきた波崎だが…面はクリーンなのに、アウトの第1弾ブレイクがうねりのみで割れず、第2弾ブレイクは切れ目のないワイドダンパー。サイズは腰~腹。でもこれはキビシー!落胆を隠せずに北上。「風車前」Pのちょっと南で車を停めてみる。チェックすると…第1弾ブレイクがなんとか割れているようだ。第2弾ブレイクも切れ目がある。サーファーは右のほうのテトラ周辺に何名かいるけど、正面は誰もいないので入水だ!
第1弾ブレイクは思ったよりも厚い波。石ちゃんが最初にテイクオフしたが、相当厚いようで、途中でおしまい。おいらも一本乗ったが、5秒くらいでおしまい。ミヤケちゃん&コウキは徐々に徐々に浜に近づいて行く…「あいつら、負け組だ!」と思いつつも、おいらたちも第2弾ブレイクへ。第2弾ブレイクはそこそこ乗れる。サイズは腰~腹、風は弱いオフショア。最初はトロ目、インサイドの第3弾は掘れ気味。この二つがつながった時!かなりロングライドができて気持ちよかったっす!サイズは乏しかったが、まずまずみんな楽しみました。

誰もいない

二つの風車のうち一つは工事中。青い空に映えるね

AM10:00 たっぷり第一ラウンドが終わったものの、まだこの時間。腹も減ったので、食事だ!と思い、食堂「味の横綱」へ。しかし、営業は11時から。時間をつぶすため、水着ギャルを探しに波崎海水浴場へ。そこには男臭いサーファーしかいませんでした。コンビニで立ち読みして時間つぶし。

AM11:00 再び「味の横綱」へ。カツ丼セット(ミニラーメンと冷やっこ付、850円)を堪能。おっちゃんに「兄ちゃんたちサーファーだろう?これをやる」と、サーファーの必須アイテム「ビーチコーミング」を2冊もらった。2000年度版を…。

PM12:00 さぁ、第2ラウンドだ!「植物園」Pへ。第1弾ブレイクは姿を消したが、朝はワイドダンパーだった第2弾ブレイクが、多少切れ目がある波に変わっていた(基本はダンパー)。サイズは腰くらい。ちょっと「カネキュー」P寄りがよさげだったので入水しよう!石ちゃんはおいらのセミロング、おいらはコウキのファンボードで。サーファーは20名くらい居たが散らばっていてそんなに気にならない。サイズがサイズなので、フンフンパドルするからメチャ疲れた。一時は腹~胸近いときもあり、まずまずだったが、左への流れが強く、左へ流されると全然割れない。約2時間半がんばった。

「植物園」P

PM15:00 今夜は海ちゃんが自宅でお食事会を開催してくれるので、そのためにも早く波崎を出発。おいらは眠かったので石ちゃんが運転。

PM17:00 東関道と京葉道路の間、宮野木に到着。みんな寝ていたため、石ちゃんも睡魔に襲われ、半車線ずれて走行した模様(後に本人の口から告白)。よく寝たおいらと運転交代。ここから地獄の大渋滞が始まる…。車内では、コウキがTSUTAYAで借りてきたB級映画を2本上映中。これがまた眠気を推進するが、渋滞だったのでチラ見。

PM21:00 波崎出発後、約6時間で茅ヶ崎到着。海ちゃんの家にはメンコとその友達たち(ジェフさんとトッドさんという外人さんもいた)が陽気に楽しんでいた。おいらたちは疲れで超ローテンション。海ちゃん一同様、ごめんね。おいしかったよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です