ネギちゃんと二人っきりで波崎へ…高い

AM5:40 起きました~。今日は台風7号の影響か、朝から南西の風が猛烈に吹いている。おそらく湘南は全域でオンショアチョッピーコンディションだろう。とうことで、南西の風がオフショアの茨城・波崎へ約9ヶ月ぶりに行く事にした。もちろん今年初!楽しみだぜ。
本日の参加者は、ネギちゃんのみ。二人での波崎は交通費も割高だが、いい波に乗れるならオッケーっしょ。ということで、7月から600円に値上げした首都高速神奈川線も500円回数券でパスして、京葉道路⇒東関道経由で波崎へ。

AM9:30 波崎到着。まずは「さざ波」Pをチェック。思った以上にオフショアが強い!猛烈に吹き荒れていて、ブレイクした波が白いしぶきを上げている。サイズは一番アウトのブレイクで胸~肩くらいありそうだが、例のごとく途中でうねりに戻ってしまい、インサイドはクローズ気味。ロングならアウトのブレイクで楽しめそうだが。
サイズはあるので、とりあえずキープして他も見てみることにした。「ハンティントン」Pも同様。こっちのほうがサイズがでかく、アウトで割れている。ピアの先くらいから割れていた。が、ちょっとハードな状況なのでパス。

「ハンティントン」P
「風車前」Pまで南下すると、サイズは一気にダウンし、腰~腹で面も落ち着いていた。えらく違うコンディションに驚き。サーファーが多いのでパス。
そして「植物園」Pへ。こちらも腰~腹だが、アウトでは厚めで、インサイドがダンパー。遠浅でインサイドも浅いので、巻かれたら怖いなぁ。結局、一番最初に見た「さざ波」Pで入水することにした。

「植物園」P はちょっと厚め

AM10:30 実際入水してみると、見た目以上にアウトで割れていた。サーファーの姿がなくておいらとネギちゃんのみだったし、カレントが強かったので、孤独と恐怖感があった。そして、アウトのブレイクはやはりトロかった。セットはそこそこ掘れていてサイズも頭くらいあったが、強烈なオフショアがブレイクを消してしまい、今ひとつ。インサイドは逆チョッピー状態。結局、30分程であがった。

けっこうでかく見える「さざ波」P

AM11:45 「ダンパーに巻かれに行こうか!?」ということで、ウェットのままハイエースに乗り込み、「植物園」Pへ移動した。見た感じでは、「植物園」Pより南側のすぐ隣に位置する「カネキュー」Pがなかなかよさそうだったので、ここで入水。サイズは腹~胸、風は相変わらず強いオフショア。テイクオフ時のパドルで飛び散るしぶきの顔面シャワー状態が苦しいが、なかなかのマシーンウェイブ(レギュラーオンリー)。
この日は「波崎正面」Pでは、波崎町長杯という大会が行われていたため、正面はクローズ。ホントにすぐ隣で大会をやっていた(波によっては大会出場選手と同じ波に乗っているサーファーも…)。ロングスリーブタッパーにトランクスのネギちゃんは寒さに耐え切れず、小一時間であがる。いい時間だし、昼飯休憩にしますか、ということでハイエースに戻り、カセットコンロでお湯を沸かしてカップラーメンをすする。冷えた体にはGOOD。

休憩中「白鳥麗子でございます!」を読みふけるネギちゃん

PM15:00 休憩後、ネギちゃんはロンスプに着替え、おいらはそのままスプリングで三度入水。どうやら大会は終了した模様。さっきより「カネキュー」P寄りで入水。相変わらずオフショアのマシンウェイブ!
サイズも腹~胸、セットで肩。ちょっと初めがトロめだが徐々に掘れてきて、波数も多く面白かった。スプリングのおいら、1時間半後には寒くてあがってしまった。ネギちゃんはガツガツ楽しむ。

「カネキュー」P は毎回同じのマシンウェーブ

オフショアに飛ばされる砂が砂漠のよう

PM18:00 ネギちゃんようやくあがる。おいらはちょいとハイエースでお昼寝してしまった。おいらがあがってから、たまに頭サイズの波がきたらしい。一時はどうなるかと思ったが、ひさしぶりにファインウェイブを楽しめた♪

PM22:30 帰りの車内では、先日東浪見で行われた「WQS OP千葉プロオープン」の試合のビデオを見ながら、眠くなることなく無事帰宅。今日は二人でのプチトリップだったので、交通費は一人6000円也。
☆☆☆ 7月14日の天気図 ☆☆☆

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です