海が近いと

いや~、7月に入って本当に波がない。台風8号以降、まったくといっていいほど波がたたない。そして、波がないとオレたちサーファーはやることがなくなる。こういうときに、サーフィン以外の趣味がないと厳しい休日を過ごす事になってしまう。もっとも、最近はスケートもかなり上手いサーファーが多く、波がなければスケートパークにでも行けばいいのだが…オレたちはそんなにスケートもしないので、やることがない。サーフィンを抜かせば、ほぼ無趣味じゃないかしら?
そんな無趣味な週末を迎えたオレたちだが、趣味はなくともオレたちにあるもの…そうだ!オレたちには『海』が身近にあるじゃん!ってことで、ビールとつまみを片手に海まで自転車を漕いだ。波はないけど、潮の香りがある。潮風を肌で感じ、烏帽子岩を眺めながら、昼間からビールを流し込む。いやいや、最高!
海が近くにあるオレたちにとっちゃー、海は絶好の遊び場であり、酒場であり、社交場である。幸せな環境をもったものである。そう、波がなくても海は気持ちいい。これからは波がなくても海に来ようと思う。せっかく近くにあるんだからね。
☆海で飲んでいて気付いた事。いまだにビーチにタバコの吸殻が落ちていた。ビーチにあるベンチの下に落ちていたので、ポイ捨てしたのがサーファーなのか普通の人なのかわからないが、誰だろうと海にゴミを捨てるのは許されない。もちろん海じゃなくてもポイ捨てはいかんぞ。
オレも今度から積極的にビーチクリーンに参加するぞ!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です