みちのくサーフトリップ2日目

AM8:00 起床。昨晩はネギちゃんの「さくら道(ウチの近所の通り)を渡るんすか?それはマジきついんすけど。」という意味不明のはっきりした発音の寝言に悩まされたが、ぐっすりと眠れた。くそー、今日も雨じゃないか!そして、風が昨日よりも強いぞ。海はオンショアチョッピーコンディションだ。キビシーなー。松川浦に、そして福島にきっぱりと別れを告げ、北上することにした!

見るも無残なジャンクコンディションになってしまった…さよなら福島~!

AM10:45 宮城県の「菖蒲田浜」Pに到着。福島県では強く吹いていた風が、宮城県ではウソのように吹いていないぞ!面はキレイ、サイズは胸くらい。ホローでダンパー気味だが切れ目を選んで十分ライド可能だ!早速着がえることにした。ハイジ号の隣に駐車していたレディースサーファーに「海冷たいっすか?」と聞くと、気温が低いだけに冷たいらしい。3mmを着込んで(ネギちゃんは頑固にシーガル)いざ入水!あれ?温かいじゃん意外と!

広いビーチの一番左側で入水!
波は最初はかなり良かった!が、徐々にワイドな波が目立つようになってきた。ブレイクも徐々にインサイドに近づいてきた。が、なんとか約2時間半楽しめた。

典型的なビーチブレイク。ワイドだがショートライドは可能だ

PM13:30 海から上がるとやはり寒いね!水浴びがちべたいです。

勢いで豪快に水をかぶるのはいいけど、あとが寒いのよ~

「菖蒲田浜」P (画:コウキ)

PM14:30 コンビニで昼食を食べ、東北を代表する超一級のビーチブレイク「仙台新港」Pをチラリと見に来てみた。うぉ~、あふれんばかりの車!あふれんばかりのサーファー!すごいなぁ…。でも、波がやばいくらいにいいぞ!メインなピークでは頭サイズのクリーンなフェイスのファインウェーブがマシーンのようにブレイクしていた!でも、このピークはすごい人人人!でも、その右奥でもいくつかピークがあるようだぞ。よ~し、せっかく新港に来たんだし、記念入水だ!ガマンできなかったようで、ネギちゃんは速攻で着がえて速攻で海へ向かっていった…。おいらとコウキはマイペースに着がえる。仙台かぁ。仙台といえば牛タンだなぁ。さっきから牛タンで頭がいっぱいのおいらとコウキ。食のこととなるととってもアクティブなコウキ、気付いたらハイジ号の隣に停まっているレディースBB二人組においしい牛タンのお店をリサーチしていた!「一緒に食べに行きませんかって誘えばよかったかな…」と、食以外はアクティブじゃないコウキなのでした~。

メインピーク近辺はこの人手。セットに乗るのは至難の技だ
コウキは図太くメインピーク近辺で波待ちしていやがる。なんったい…。おいらとネギちゃんはその右のピークへ。メインピークよりワンサイズ小さいが、それでも肩セット頭のかなりファインウェーブがバシバシ来ていた!サーファーもメインよりは少なく、セットの2発目を狙ったりすれば頭サイズもゲットできちゃった!これがかなりマイウ~な波で、ロングウォールが続くグッドウェーブなのよ~!いや~、久しぶりのヒットですよ!

ライトもレフトもOKな完璧の波でした

PM18:30 おいらとネギちゃんが海からあがってからかれこれ1時間近く経っているのに、いっこうにコウキがあがってくる気配が無い。退屈なので、大宮から来たハイエース乗りのサーファーさんとハイエースについて語ったりしていた。すると、緑のボードを抱えたサーファーが浜にあがってきた。コウキだ!ようやくあがってきたよアイツ!遅いっつ~の!早く牛タン食いに行くぞ!

すました顔して歩きやがって…さっさとこい!

「仙台新港」P (画:コウキ)

PM20:00 さっきギャルにおいしい牛タン屋を聞いたところ、「やっぱキ助よねぇ」といっていた。仙台駅の駅ビル内にあるってことで、おいらたちは仙台駅へと向かった。途中、スパを見つけたのでひとっ風呂浴びていこうと思ったが、メチャ混んでいたのであきらめた。仙台駅はかなりの都会で、横浜や川崎なんかよりも全然都会だった!駐車して駅ビルへ。「キ助」という牛タンのお店で、メニューはおつまみ以外は牛タン定食(1200円)オンリー。しっかり火が通っているのに柔らかい牛タンはとてもジューシーでうまい!麦メシとの相性も抜群だ!

この旅初めてのビールを楽しむおいらと、けっこう飲んだくれているネギちゃんの乾杯!

1.5人前の牛タン定食(1500円)もあります。お通しは牛タン味噌豆腐(250円)

PM21:00 さーてたらふく食べたことだし、今日は行けるところまで北上するぞ!目指すは岩手県なり!その前に温泉に入りたいね~。と、仙台市内にスーパー銭湯みたいなのがあったので入るが、入湯料が高かったのでパス…。

PM25:00 仙台を抜けて途中、松島で花火大会の渋滞に巻き込まれるものの、小学校&中学校&高校時代の思い出話にふけったおいらたちは元気一杯で岩手県に突入!気仙沼の道の駅で就寝することにした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です