2003年ハワイトリップ4日目

ハワイ時間11月22日(日本時間11月23日)

AM7:30 起床。今朝もホテルのラウンジでお腹に重いドーナッツとコーヒーをいただく。一日まるまるハワイで過ごせるのは今日が最後。よし、ノースショアばかり行っていないで、今日はたまにはハワイを代表する観光名所を訪ねてみようということになった。

AM8:45 まず到着したのは、散々眺めてきたダイアモンドヘッド。ここ、ただの岩山かと思ってたら、火山のクレーターになってるんだね。ダイアモンドヘッド登山口の駐車場がクレーター内にあり、そこから外輪山のダイアモンドヘッドに登頂できる。片道約30分の登山。当然おいらはシューズ着用。一方、コウキ&ミヤケちゃん&ケイちゃんはサンダルじゃないの!まったく山をなめていやがる…。

今日の虹は、クレーター内から青空をバックに望む

登山道ラストを飾るのが鬼の階段…上を見たくないけど、振り返ると絶景

AM9:20 山頂に到着。おしゃべりしながらだとあっという間だった。山頂の展望台は…ここ日本!?というくらいジャップばっかり。日本語飛び交う展望台だけど、見下ろすと「クリフス」Pがきれいにブレイクしていた。天気も最高、海底のチャンネルまでくっきりわかる!いやー気持ちいいね。

汗ばむ陽気。壮大な眺めに、ちっぽけな自分を感じてたそがれる…

海底までスケスケ

山頂から「ライトハウス」Pを見下ろす。キレイなブレイクやねー

AM10:00 下りはあっという間の15分ちょいだった。車に戻り、続いて向かうのは有名なダイビングスポット、ハナウマベイだ。

AM10:30 ハナウマベイの駐車場の入り口に出ていた「Caution! Beach closed today」の看板が。まさか…。そのまさかの通りだった。波が高いため、今日はビーチはクローズ。素潜り禁止だったのだ~!ここを楽しみにしていたミヤケちゃんはがっくし。その落ち込み様といったら、作ったサンドウィッチがまずかった時のコウキの落ち込み様をまさるものだった。まるでおもちゃを買ってもらえない子供のように駄々をこねる。でも、その気持ちはわかるよ。ガイドブックで見るハナウマベイはめちゃキレイなのにね。でも、今日のハナウマベイはめちゃいい波が割れていたよ。オーバーヘッド~ダブルのライトブレイクがいい感じ。さ、気分を入れかえて次に行きましょうよ。

ホワイトウォーター押し寄せるダイビングスポット

ビーチはとてもキレイ。さすが入場料を取るビーチなだけはあります
今日はイーストコーストが波が大きそうだぞ。よし、サンディービーチ目指しますか。

イーストコーストラインは荒々しい火山帯。ノースショアとも一味違う壮大な景色だ

AM11:15 サンディービーチ到着。駐車場は車でいっぱいだ。それもそのはず、今日のサンディービーチは山のような波が押し寄せていた!2日前に来た時は割れていなかったアウトの波がグリグリのチューブを巻いて割れていた。よし、三脚持って撮影だ!

アウトのブレイク。このバレル、8ft~10ftはあるオバケ波です
サーファーは数名がアウトのラインナップにいて、ジェットスキーも出動している状況。ギャラリーも多く、みんなたたずを飲んで見ている。

ロングボーダーがテイクオフした!いきなりハングファイブを決める!

軽いステップで後ろに戻り、ボトムへ滑り降りる

リップがヒラヒラと崩れ始めて…チューブへプルイン~!以上3枚、一つの波で決めちゃったこのロングボーダー、凄すぎです
とにかくブレイクポイントがすごいアウトで、肉眼ではポチっと黒い影にしかみえない。テレコンレンズ着用の18倍光学ズームのおいらのデジカメでなんとか上の写真を収めることができ、満足♪

きたー!10ftオーバーのオバケセット!

AM11:40 大興奮でサンディービーチを後にしたおいらたち、サーフィンが出来そうなイーストコーストを探す。期待していた「コックローチベイ」Pはまとまりなく、いまいちのコンディション。しょうがない、今日もダイアモンドヘッドでサーフかな。

ラビットアイランドを眺める、景色抜群の「コックローチベイ」P。ボトムは平らなリーフの棚で、そんなに危険ではないらし
いが…あいにくまとまり無いダラダラブレイク

PM12:10 ワイキキ方面へ向かい、今日も昼食を『レインボー・ドライブ・イン』で。今日はロコモコ(2ドル80セント)をいただきます。さすがにお昼時はロコたちで混みあうね。

ワキキキの高層ホテル群からちょっと離れると、とっても閑静な住宅街

そんな閑静な住宅街の端に位置する『レインボー・ドライブ・イン』

PM13:30 さてと、今日は「午後はまるまるおもいっきりサーフ」だ!ってことで「クリフス」Pへ到着。天気もいいし、のんびりたっぷり楽しみましょうかね♪

ブルー・クラッシュ効果か!?はたまた、彼女たちがブルー・クラッシュという映画を生んだのか!?とにかくレディースサーファー多し。みんな水着で、非常によかったです(何がやねん)
波は昨日に比べていくらかサイズダウン。それでも胸くらいのサイズはコンスタントにあった。そして、日曜日だからか(曜日感覚全く無いんだけど)、サーファーはこのトリップで一番多かった。でも、たっぷりと堪能♪たまに大きなセットも来て、ケイちゃんは頭オーバーのグッドセットをゲットし、気持ちよさそうに滑っていた(申し訳ないことに、彼女の進行方向にはおいら他数名のサーファーが…すまなかったね)。コウキも昨日のうっぷんを晴らすかのように気持ちいいレフトの波をロングクルーズしていた♪ミヤケちゃんも慣れないボードながらも、小ぶりな波をがっつりがっつり頂戴していた♪んで、おいらも混雑したピークをはずして、それなりに楽しませてもらった♪

マシーンウェーブ。恥ずかしながら初めてのリーフ体験だったんだけど、いいねーリーフ!ケガが無くて何よりだった

「クリフス」Pよりもさらに奥のピークでは、生粋のロコと思われるロングボーダーが優雅に楽しんでいた

PM16:30 いや~楽しかった♪おいらとコウキが車に戻ると、すでにミヤケちゃんとケイちゃんは着替え終わっていた。そして、ミヤケちゃんはやけにいそいそしいぞ。実は、今日はサンセットをワイキキ郊外にある山の上の展望台「タンタラスの丘」で眺めるということになっていた。写真大好きのミヤケちゃん、サンセットに間に合うかどうかが心配で心配で、胃に穴があくんじゃないの?というくらい時間を気にしていた。タイムイズマネーと言わんばかりのあせりようで、時の流れが遅いコウキとはまさに水と油状態だ!コウキが「大丈夫だって、まだ太陽あんなに高いんだし間に合うって~」と言えば、ミヤケちゃんはすかさず「太陽はあそこから沈むの早いんだから」と応戦。一触即発だ。でも、サンセットは見たいので、おいらたちもそそくさと着替えた。

アフターサーフのゆったりしたひととき。でも、カメラマンのミヤケちゃんは内心そわそわ

PM17:00 夕食に行く予定のレストランがタンタラスのにわりと近いため、一度ホテルに財布を取りに戻る。すると、コウキは「ちょっとウンコ」とウンコしに行った。ミヤケちゃんは泣きそうな顔で「ウンコはまずいって~!」と悲鳴をあげる!コウキの嫌がらせも終わり、さぁ、レッツタンタラス!

PM17:35 気が気でないミヤケちゃんの心配性も無事幕を閉じた。まだ日が沈む前にタンタラスの丘に到着!ミヤケちゃん、展望台に走る!神様もいじわるだ、展望台は小雨が降っていた…。でも、雨はこの丘だけのようだ、夕日の方向、そしてワイキキの街はバッチリ見える!さぁ、ゆっくりと景色を楽しむかね…と思ったのだが、この展望台に、全世界を転々とする謎の造船会社社長(日本語ベラベラ)という人がいて、ケイちゃんはこのおじさんにつかまってしまい、40分ほどホステス状態だった。大変そうやねぇ(他人事)。

元ロングボーダーだからか、非常にのんびりした時間が流れているコウキも、この絶景にはご満悦。それにしてもとぼけた笑顔だ

サンセットに無事間に合いました♪でも、ミヤケちゃん曰く、もうちょっと早く着いていたら、太陽が照らす光のじゅうたんが海の上に輝いていたらしい…まぁよしとしてくださいよ

日が沈み、ワイキキの街は長い夜へと突入する。その始まりを見守るおいらたち

今日の主役といってもいいミヤケちゃん。サンセット&夜景もバッチリ写真に収め、気分は上々♪

PM19:30 アラ・ワイの住宅街のど真ん中にあるハワイアンビュッフェレストラン『ウィローズ』で夕食。ここ、ホントに閑静な住宅街の真っ只中にあり、「ホントにこんなとこにあるのかよ~!?」と不安だったが、ありました!レストラン入り口で店の人に車を預け、彼らが駐車してくれる。あれ、もしかして、このレストランけっこう高級な部類?おいら、Tシャツハーフパンツでビーサンだけど平気かな!?しかし、問題無しでした。なぜなら、おいらたちはキッズだから!もう20代は後半になるおいらたちだけど、ハワイアンから見たらまだまだキッズらしい。飲み物は4人で南国ジュース!店員のおばちゃん(いかにもアメリカ人といった感じの、大柄でやさしそうなおばちゃん)もテーブルに来るごとに「おいしい?ボクちゃんたち」と気を使ってくれる(ボクちゃんたちとは言っていないが、そんな扱いだ)。なので、おいらたちも「うん!おいしいや、おばちゃん!えへへ!」と言わんばかりの反応だ。ビュッフェなので、食って食って食いまくった。ポキやらマヒマヒやらのハワイアン料理も堪能♪

わんぱくの育ち盛りだもんね、たくさん食べて大きくなろうね!

PM21:00 うーん、たくさん食べた。そろそろ帰りますかな。すると、店のおばちゃんが「タクシーは呼ぶ?ボクちゃんたち」と言ってきたので、最後はビシっと決めました、「いえ、マイカーで帰ります」。おばちゃんはちょっとビックリした表情だ。おいらたちがジュニアハイスクールくらいに見えたのかな?

PM21:20 ホテルに帰還。とりあえず、今日カメラに収めたサンディービーチでのチューブライディング写真を画像掲示板に載せるために、ホテル2階のインターネットコーナーへ。

インターネットは無料ではないけど、10ドルで2時間のチケットを購入。半分くらいは余ったけど、また次回使えるということです。Hotmailやハワイアンプロの情報やオアフ島の波情報、そして茅ヶ崎の波情報などを調べるのにとっても助かりました

PM23:30 最後の夜。早いなぁ、あっという間だったなぁ。反省会と思い出にふけりながら…就寝。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です