2002 GW新島トリップ5日目

AM5:00 今日も三人で起床。さすがに5日目ともなると疲労が蓄積されているのでしょう、起きるのがおっくうです…。起きて部屋から中庭に出たら、昨日到着の中年気味のグループが既にウェットを持って海へ向かおうとしていた…。早いなぁ!よし、オレらも!ということで「羽伏浦」Pへ波チェック。ムムム、ついにこのときが来たか…。というわけでサイズはモモ、セットで腰くらいのダラダラブレイク。一気にサイズダウンしました!風は強い南風。

昨日までのサイズが嘘のよう…
気を取り直して、「ヘリ下」P

多少割れているけど…
続いて「淡井浦」Pとチェックしてみるがいまいちだ!!

やっぱり力のないダラダラブレイク

AM7:00 民宿に戻って朝食後、波といっしょでなんともいえないダラダラモード…。お昼前にもう一度行ってみようということで、ゴロンと二度寝してしまいました。

朝からビール片手に二度寝のアル中野郎

AM10:30 またまた起床後、羽伏浦の最北端に位置する「磯の」Pへ。風は南西からのサイドオフ、サイズも腹~胸、セットで肩といった感じで形がまとまってきた!何といってもNo Bady!ここで3人きりで入水!最初はけっこう面ピタでクリーンな波だった。3人とも、今までの合計ライディング数をあっという間に越えるほど乗りまくった!

キレイに割れてたんだよ~

PM12:45 「磯の」Pが猛烈のサイドショアに変わってしまったため(羽伏浦特有の白い小石のような砂がバチバチと吹き飛んできた)、場所を変更ということで「羽伏浦正面」Pへ。ここは明日行われるロングボードの大会出場選手のサーフ天国状態になっていて、何十名ものロングボーダーしかいなかった…。駐車場には塩坂信康プロの姿も。正面のちょっと北でもわりとキレイに割れていたので、ここで入水。


上手いわけです、プロがいるんですから…
おいらとミヤケちゃんは、10名ちょっとのショート&ボディボーダーが入水している、「正面」Pのすぐ隣で入水。ここは「磯の」Pの猛烈サイドオンが嘘のようにさわやかなオフショアが吹いていた!なので、面ピタ。サイズも胸前後のいい波が来る来る!波数も多かったので楽しめた♪

ロングボーダーとは無縁の「お隣」P
さて、コウキはこの「ロングボーダーサーフ天国」Pのはずれで入水するはずが、真っ只中まで行ってしまったらしい…。しかも、ゲッティング直後は隣に木下ディビットプロが波待ちしていたらしい!さらに、吉川祐二プロの激ウマライディングも目の当たりにしたらしい!さらに、竹中伸一プロとは友達になったらしい!!貴重な経験をした、コウキなのでした~(今日のわんこ風)。

PM15:15 「羽伏浦正面」Pはやっぱりサーファーの数が多いということと、風が弱くなってきたということで、再び「磯の」Pへ移動する事にした。これが大正解!相変わらずNo Badyで、見事に風が弱まった!サイズは相変わらず腹~胸、セットで肩~頭といったFine Wave!

波チェックはサーファーの義務だね
かなりファンサーフの予感♪なので、初着水となるデジカメ防水パックをもって入水する事にした!ということで、海の中でとった写真をご覧あれ。

面ピタとはこのことを言う

滑り出したぞ~♪ミヤケちゃん

フェイスが切り立ってます!ミヤケちゃん

こっからボトムターンだ!ミヤケちゃん

何気にバックサイド好きのコウキ

ターンした!こっから歩く…はず。コウキ

このサイズでもホレホレです!おいら

時には仰向けでワイプアウト!コウキ

MATRIX 顔負けの反り具合。ミヤケちゃん

PM17:30 もう腕が回らない!一時はぐうたらオフ日になるかと思われた今日だったが、なんとほとんど休みなしで7時間もサーフしてしまった!民宿へ帰ってぐったり。

PM18:15 明日葉を食す。最後まで食す!!

PM21:00 今日海で撮影してきたサーフ写真&サーフ動画を鑑賞後、ホントにぐったりして眠る…。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です