2002秋の新島トリップ3日目 – 間々下ダイブ

AM5:30 ショウの「今週末なら大丈夫です」という意味不明の寝言を聞いて起床だ。顔を洗ってから部屋に戻ると、コウキの他に珍しくミヤケちゃんが起きていた。よし、3人で波チェックだ!「磯の」Pへ。むむむむ~ん!昨日よりサイズアップだ…。風は弱くなってはいるものの、以前インサイドはジャンク気味。アウトの波は形よく割れる頭オーバーの波だが、ゲッティングはかなり厳しいぞ。「羽伏浦正面」P、「シークレット」P方面を眺めるが、すべてインサイド真っ白だ。

沖に出るのはかなり厳しい

や、やばいんじゃないの…!?

AM7:50 朝食後、ジャンクコンディションを知った一同は部屋でぐうたらモードだ。まぁ、あれじゃなぁ…。とりあえず着替えよう。ココで一同、コウキの体つきが変なことにあらためて気付いた。なんだよ、この体!!カタギじゃねーぜ、気持ち悪いなぁ。とりあえず波チェックに行くか。

95万パワー、火事場のクソ力でその超人パワーは何倍にもなる

AM9:00 「磯の」P、「火葬場」Pとチェックするものの、やはり厳しい。最後の切り札ということで、「シークレット」Pの壊れた階段をはいつくばりながら降りるが…おそらく島一番のジャンクコンディションだ!!!がっくし。

インサイドは沸騰したおなべのように泡ぶく

一同、落胆の表情…In シークレット
そんな日は磯遊びだ!ということで、「間々下」Pで巣潜りするぞー。「間々下」Pに着くと、外人さんカップルが。ここからドラマが始まるのであった…。

天気も良くなってきたぞ~♪
この外人さんは、右にある岩場から飛び込みを楽しむらしい。ネギちゃんとコウキは外人さんに誘われ、岩場を登っていく…。そして到着したのが、約15m弱はあるであろう断崖絶壁の上!!おいおいマジかよ!浜で見守るおいら、石ちゃん、ミヤケちゃん、ショウ、トモちゃん…。そして続々と集まるサーファーのギャラリー。ゴクリ…。そのとき!!外人さんは岩を蹴り、キレイに飛び込んだ!!ザッパーーン!大歓声だ!スゲー!そして、続くのはコウキだ!飛び込んだ外人さんが海からコウキに指示を出している。するとコウキは、なんのためらいもなく飛び込んだ!!

ウソデショ~~~~~!!!!!

何考えてんだ~~~~~コウキ!!!!!
ザッパーーーン!と大きなしぶきをあげた!このとき、ギャラリーがひとつになってまたまた大歓声!普通ちょっとためらって、飛び込むまで葛藤があるでしょ~!?準備時間は5分くらいだったかな?
さぁ、続いて高所恐怖症のネギちゃんだ。ネギちゃんはかなりビビっている模様。しかし、立ち上がった!そして!ちょっとバランスを崩し、斜めに着水!あがってきたネギちゃん、手の平を打ったようで真っ赤っかだ、痛々しい…。上からの眺めに興味を示したおいらと石ちゃんとミヤケちゃん、登ってみることに。上からの眺めは下から見上げる以上に高いぞ!!

浜で見てるショウ、トモちゃんたちが豆粒

上から覗くとこんな感じです
ここで興味を示し始めたのがミヤケちゃん…。何度となく踏み台に登り、あきらめ、その繰り返しだった。

うーんどうしよう…行くか!…やっぱ怖いなぁ
ミヤケちゃんの葛藤の中、感心というかあきれてモノも言えないというか、コウキは5回もダイブしました。アホですねー、サーフもせずに。やりすぎでしょ!?そんな中、ミヤケちゃんは結局飛べませんでした。クヤシイ!

AM11:00 「みのわ」に戻ってシャワーを浴び、荷支度開始。スーパーで買い物して、とてもお世話になった「みのわ」のおばちゃんと記念撮影!

ネギちゃんの右手がイヤラシイ

PM13:50 おっちゃんに新島港まで送ってもらい、チケを買って出港!多少揺れるが、トビウオがピョンピョンというよりバタバタと飛びまくって気持ちいいクルーズだ♪

意外と揺れるのよね

PM15:40 最終的には一同爆睡の中、下田港に無事到着だ。

こう見えても寝てますよ、ショウ

PM18:00 ハイエース車内では「SURFER MAGAZINE」というサーフトリップ番組や数年前のマルイプロのビデオを見ながら、めだった渋滞もなく熱海駅に到着。都内まで帰らなくてはいけないトモちゃんと、そのオマケのショウを降ろす。お疲れさまでした♪

PM20:40 平塚の鉄板焼き「へんちくりん」にてパクパク食べる。

PM23:00 ミヤケちゃん、コウキ、ネギちゃん、石ちゃんを無事送り届け、一人になった直後に事故現場に出くわして無事帰宅。サーフが出来なくても遊ぶ手段はたくさんあるんだなぁと勉強になったトリップでした。

フロントペッチャンコの正面衝突事故現場
☆☆☆9月23日の天気図☆☆☆

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です