2002GW新島トリップ4日目

AM5:00 今日から3人。なので、おいらとコウキ、そしてミヤケちゃんも起床(叩き起こし気味)!顔を洗って、早速「羽伏浦正面」Pへ波チェックへ。数日前の北東の風が嘘のように止み、弱~い南風に変わった。面ピタでかなりGoodなコンディション!セット間隔もちょうどよくて、ゲッティングも難なさそうだ。

ホレホレでパワーはすごい

セットの合間はこんなになだらか♪
「羽伏浦正面」Pはすでに多数のサーファーが入水していたので、「ヘリ下」Pをチェックしにいく。こちらはNo Body!サイズ、コンディションとも「羽伏浦正面」Pと何ら変わりないのになぁ。

これでNo Bodyだからすごい

AM7:15 おいしい日本の朝ご飯を食して、「ヘリ下」P直行。まだ誰もいないよ~!ということで早速入水。崖の上から見たよりも面は風の影響を受けていて、多少タプタプとしていたが、それでも胸~肩、セットで頭オーバーのサイズだ。急に掘れる波なので難しいが、スリルとスピードを味わえた♪

絶景&Fine Wave

AM11:00 民宿に戻り、スーパーでお昼を買い込んでちょいと早めの昼食。その後、たっぷりと昼寝zzz…。

PM13:50 起きた。昼メロドラマを見ながらウェットに着替えて、まずは「羽伏浦正面」Pへ。駐車場にはすごい数の車が。ここ数日はプロのロングボーダーが多数セッションを繰り広げている。というのも、5月3日に羽伏浦でコンテストが開催されるからだ。ロングボーダーのコウキ曰く、雑誌でよく見る顔もちらほらだとか…。ということで、「羽伏浦正面」Pはほぼ毎日ロングボーダー天国になっているので、やっぱりNo Bodyの「ヘリ下」Pへ。

大繁盛です、無料駐車場
やっぱり「ヘリ下」Pもいい!ホント、なんでこんなに誰も入っていないの!?という感じ。

これですよ

ブラのホックをとめてくださる!?

PM14:15 午前中よりも南風が強くなった!モロにサイドオンショアで、かなりタプついている。横のカレントも強く、位置調整のパドルは必須といった感じだ。しかし、セットはまだパワー&サイズもあり、掴めれば面白い。また、インサイド寄りの、セットの切れ目でもなかなかいいかも。約2時間、3人きりで楽しんだ。すると、車をとめた崖の上から十数人のサーファーが波チェックに来た。そして、続々とウェットに着替えて降りてきた。すごい人数だ。そして、ピンクのおそろいのパーカーを着たおっさん6人くらいが浜に腰をおろす。様子がおかしいぞ!?ということで、おいら、コウキ、ミヤケちゃんは一本乗って浜にあがる。ひーふーみーよー…16人のショート、ロング、ボディーボーダーが入水!しかも、全員がバカ上手!おいらたちがあんなにてこずった波を、一本も逃さずガツガツ乗りまくっている!しかも、当てこみまくり&エルロロしまくり!


オフザリップは一本の波で2~3本は当たり前

このオフザリップは、なんと女の子!!
コウキがピンクのパーカーのおじさんに話しかけた。パーカーには「NSA(日本サーフィン連盟)」が。おじさんの話では、彼らは昨日まで伊豆白浜で行われていたNSAの大会に出場していた全日本選抜のトップアマで、大会後代表合宿のため新島に来たようだ。おじさんはコウキに「もうあがっちゃうの?もっと入っていきなよ!」といっていたらしいが…。ここで入る勇気はさすがのコウキにもなかった!!

PM17:00 アマのライディングを観戦し、民宿へ戻った。いや~、貴重なものを見れたな。

PM18:00 明日葉を食す(そろそろマンネリ)。

PM19:00 テレビ「サバイバー」を見ながら、たまっていたこの日記を一気に書き尽くす。

PM21:30 就寝。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です