極寒の2月サーフキャンプ 1日目

AM6:25 やべっ、ちょっと寝坊気味に起床。ついにこの日がやってきてしまった…。真冬のキャンプDay!さすがにこの厳しい寒さの中キャンプに参加する!という変態志向のサーファーはそんなにいなかった…。参加者はおいら、コウキ、ケイちゃんの3名。各家まで車で2~3分とご近所な3名なのですんなりと拾い、いざ久里浜港フェリー乗り場へ!

ちょっと雲がかかるが、美しい朝の鎌倉・七里ガ浜…波はスモール

AM7:15 今日はなんとフェリーがドッグダイア運行!一時間に1本しか運行してないのだ!8時台の出航時刻は8:15、次は9:30…これは崖っぷちだ!ということで、リッチに逗葉道路~横横道路経由で久里浜着が8:05!おぉ、お見事♪

グタグタモード

AM10:00 ハイエース車内でコウキ持参の最新サーフビデオ『The Living Colors』を見ながら、和田に到着。「千歳」Pは全然割れていない。「白渚」Pはサーファーは多めだが腰サイズのブレイクでまぁまぁ。「J’s前」は割れてなくてダメダメ。結局「白渚」Pにしよう!と思ったのだが、すでに駐車場が満車!しかたなく、ちょっと南下した「花籠」Pの駐車場に停めることにした。いつも満車の花籠駐車場だが、今日はなぜか空き空き。初駐車だ!早速着替える。

「花籠」Pの由来、花籠屋さん

97万パワーのコウキ、油断するとこのタプタプのお腹に
「花籠」P正面は割れていなかった。だから駐車場空いてたのかな?さて、歩いて北上。「大原駐車場」Pあたりから割れはじめている。よし、ここらへんで入水しよう!風は弱いオフショア、サイズは腰くらい。やっぱり南房総は海水温が高い。ブーツ無しでもOKだろう。サーファーはそれなりに多い。1m~2m置きにサーファーが並ぶ感じだ。が、波数が多く、波待ちする自分の正面でピンポイントで割れる三角波なので、波争いも無くてみんなエンジョイしていた♪自分の正面に来た波をひたすらキャッチって感じ。ショアブレイクだしサイズが物足りなかったってのはあるけど、面白かったです♪



PM13:30 約3時間ちょっとのサーフを終え、駐車場に戻る。ここの駐車場は温水シャワー完備なのがうれしい♪で、昼食。お湯を沸かしてラーメンタイムだ。

チャーシュー&煮玉子入りのラーメン「具多」はこってりしてうまい!

スナック『ケイコ』のママも大満足でプクイチ

PM15:00 のんびりした後、いよいよサーフキャンプ地ヘ向かう!このサーフキャンプ地はロケーション最高、サバイバル感たっぷりでいい感じなはず♪途中で夕食の鍋の食材の買い物をして、キャンプ地に到着。着いてびっくり!なんと、モモオーバーのメロウな波がブレイクしていたのだ~!サーファーはゼロ。あー、なんて事なの!朝からここでサーフしていれば…と、悔やみながらテント設営に取り掛かるのであった…。

あ~ん、ロングボードならたっぷり楽しめちゃうファンウェーブだわ!

このへんに設営しますか。いや、もうちょいあっちでしょ…ブツブツ。

あぁ、なんて美しいサンセットなのかしら…ここでなら死んでもいいわ

テント設営完了。広~い浜に…ポツ~ン

PM17:00 だんだん北風がピューピュー強くなってきたぞ。うぅ~、肌寒い!よし、焚き火をやろう!周辺から木の枝などをビーチコーミング。日が暮れ、辺りが暗くなり始めた頃に「割り箸がない!」「ランプの乾電池が無い!」と、5km先のスーパーへ一人車を走らせる。戻ってきて、「鍋のうどんが無い!」と再びスーパーへ。2往復のパシリ状態だったが、戻ってくるとキャンプファイヤーが完成していた!お~、暖かい♪持参した炭を大量投入し、快適暖房だぜ。

焚き火を囲んで乾杯~♪ウマー!

揺れる炎を眺めていると…あぁ、どうかなっちゃいそう
ビールをグビグビやっていて、さぁそろそろ鍋に取り掛かりますか。が、テントの外に置いたカセットコンロは北風にかき消されてしまう。確かに風は強いし肌寒いかも。よし、テント内で鍋だ!これまた持参した七輪に真っ赤な炭を入れ、テント内に入れて携帯型ヒーターの完成(一酸化炭素中毒に注意)。テント内では既に鍋がグツグツと湯気をあげて煮えていた。この熱気&七輪のおかげでテント内はポッカポカ♪さぁ、味噌仕立てのお鍋を堪能だ!

流氷の天使・コウキは腕まくりの暖かさ

ハフハフ、ホフホフ、チュルチュル、お、お~いし~ぃ!

PM21:30 お腹いっぱい食べたし飲んだし吸ったしで、なんだか眠くなってきたぞ。七輪を外に出して、毛布をテントの端っこに敷きつめて、寝袋にくるまって就寝だ~…zzz
☆☆☆2月1日の天気図☆☆☆

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です