極寒の2月サーフキャンプ 2日目

A
AM7:30 う~、寝袋から外に出ると寒~い!北風がピュ~ピュ~、冷え込む朝だ。さすがにテント内もヒンヤリ。寝袋の中はポカポカで、3人とも顔も出さずに10時間も爆睡してしまった。

みの虫状態、ミイラ状態で死んだように眠る

一晩中風に吹かれてテントの形が変わった気がしないでもない…
さて、海に注目してみるが…Oh, NO!!ここはどこの湖!?フラットコンディションだ!まぁとても寒いし、お湯もないので海から上がってもつらいだろうし、きれいさっぱりあきらめよう。さっさと片付けだ!

広大な湖…ウェイクボードでもやっとく!?

AM8:45 ようやく片付けも終わり、近くにあるスーパー「ODOYA」で朝食。いや~、「ODOYA」のお惣菜はホントに充実してますなぁ♪

朝からから揚げ定食&シーフードヌードルですか、コウキは

AM10:10 「千倉」Pに到着。弱いサイドショアが吹いていて、面はざわつき気味だ。サーファーは数十名、サイズはモモくらいの力ないブレイク。う~ん、決め手にかけるなぁ。

典型的なオンショアコンディション

AM10:25 「花篭」P~「白渚」Pをチェックするが、駐車場がどこも満車!!あれれ~(T_T) とりあえず「花篭」P近くに一時路上駐車させてもらい、波チェック。さすがに駐車場が満車なだけあってサーファーがわんさか!!波は、昨日割れていなかった「花篭」P正面が割れていたので、サイズは多少アップしたのかな?それでもサイドショアの腰くらいかな。とにかくサーファーが多いのであきらめる。

なんでこんなにサーファーが…
ここでコウキがiモードで波チェック。「北千葉、腰あるってよ!サーファー少ないし、北上しよう!」と、流氷の天使・コウキが口を割る。おいらとケイちゃんは北上することにシブシブ同意。さぁ、北千葉へ!

PM12:00 言い出しっぺのコウキが爆睡する中、大原「パン屋」Pに到着。車を降りて…ぶはっ、さ、寒~!!極寒の世界だ!風も強い!これだけでテンションは下がる一方だ…。とりあえず、念のため、波チェックしてやるとするか。浜に出るとより一層寒い!サイズは腰くらい、サーファーはゼロ。これ、海水も冷たいんだろうな~と手を水に浸けてみる。…ぬぉ~!わかっちゃいたけど、やっぱり冷たい!!ここでおいらは戦意喪失。ケイちゃんは超葛藤している。で、コウキはというと、さすがです、なんの迷いもなく「オレちょっと入ってくるわ」と即決。はぁぁ~…。

波はまぁまぁなんだけどね

もー!寒いってばー

さてと…(コウキの)ボードを降ろしてと。(コウキが)サーフィンするぞ!
葛藤の結果、ケイちゃんもお留守番。まぁ、それが賢明でしょうがね。

この人がおかしいんですよ、ブーツもグローブもせずに
コウキは「冷た~い」といいつつも、笑いながら入水していった…。恐るべし!!

足取りも軽い、流氷の天使
おいらとケイちゃんは浜で見学していたが、それだけでハンパ無く寒いんだな~。数分見学して速攻で車に戻る。

風が避けれるところを必死で探しました

入水直後、いいライトの波を掴んでました

PM14:30 ケイちゃんはハイエース内で『Endless Summer2』を鑑賞、おいらは爆睡♪すると、コウキが帰ってきた。さすがに寒そうだ。当然ポリンタンクにはお湯など入っていないが、コウキはポリタンクの中の冷た~い水をかぶり、さっそうと着替えた。

PM15:00 さぁ、茅ヶ崎へ向かって出発だ。コウキ、ケイちゃんの運転でおいらは楽々オニューのリアシートでビデオを見ながらVIP待遇だ♪

初めてリアシートに乗りました

PM17:30 茅ヶ崎到着。一度コウキ、ケイちゃんを家に送り届ける。この後は石ちゃん、マー坊、ミヤケちゃん、ネギちゃん、ショウ、トモちゃんと合流して、みんなで藤沢で晩飯を食べる♪みんなにキャンプは思ったより平気だった事、そして今日は寒くてサーフィンしなかったことを報告した。まぁ、サーフィンは無理だったけど、真冬のキャンプは防寒対策さえしっかりしていればかなり楽しめるものだった!
☆☆☆2月2日の天気図☆☆☆

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です