パワースポット・セドナ観光ガイド① – アクセス方法、気候、宿泊、レストランなど

スケールの大きな大自然スポットを多く所有するアメリカ・アリゾナ州は、ネイチャー思考のトラベラーには最適の旅先だ。

「日本では観られない大自然を観たい」

その想いを叶えるために、私はアリゾナ州を旅したことがあるが、規模が大きすぎてアリゾナ州の5%くらいしか楽しめていないと思う…。なんせ見処が多いのでね。

中でも人気なのは、アメリカを代表するパワースポット、セドナ。

やや古い(2011年、2013年)旅のアーカイブだが、セドナというスポットについてご紹介。

セドナの位置とアクセス方法

セドナはアメリカ・アリゾナ州にある街。
私はセドナには二度訪れた事があるが、アクセスは次の2つのパターンを試した。

1.フェニックスから車

ロサンゼルスからフェニックス国際空港へ飛び(約200km、2時間)、フェニックスからはレンタカーを借りてセドナへ向かった。

LAからフェニックスへ。眼下には延々と広がる荒野

フリーウェイ17号を北へひた走ること1.5時間。フリーウェイを降りてから40分ほどでセドナの街に到着する。フェニックス方面からだと、後述のベルロックという岩山の横を抜けて街に到着するのだが、なんだか到着前にいきなり名所が観えてしまうのがネタバレ感あって微妙に感じるルートだった(笑)
気持ちの昂りもあるので、2時間のドライブはあっという間だ。

セドナの街の到着前に名所の一つ「ベルロック」が観えてしまうルート(笑)

2.ロサンゼルスから車(約800km、8時間)

ロサンゼルス市内からインターステート40号線をひたすら東へ進み、アリゾナ州フラッグスタッフまで約7時間。そこから南下してセドナの街までは約1時間だ。

こんな景観のインターステート40号線を何時間も延々とクルーズコントロールで進む

このルートはとにかくロングドライブで、特にロサンゼルスからフラッグスタッフまでの道中は、人っ気のない砂漠(荒野?)に伸びるまっすぐなハイウェイをひた走る。日本にはない直線道路であり、日本にはない広大な無人の土地であり、スケールといったらもう笑ってしまうほどでかく、その景観がなんとも新鮮で面白い。

このフリーウェイはあのルート66が並列している。セリグマンなど66ファンにはたまらないであろうスポットが点在している

フラッグスタッフからは景観はガラリと変わり、森もある山道を進む。しばらくすると赤い岩肌が見え始め、セドナの街が近いことがすぐに分かる。山道を抜けると、ディズニーランドのウェスタンランドのような赤い山々が見え始め、こじんまりとした街が現れる。ここがセドナだ。

赤い街・セドナ


セドナの気候と気温

私がセドナを訪れたのは、8月下旬と11月上旬の2度。真夏と秋しか経験していないが、どんな感じだったかをご紹介。

セドナの夏

基本的にセドナは砂漠地帯なので、日中はとても暑く、夜は涼しくなる。天候はわりと不安定な要素も多いようで、私が滞在していたときは、午前中は雲ひとつ無いどピーカン~午後に少しずつ雲が増えて場所により雷雨~夜も雲が多く落雷がドバドバ発生していた。
まー、日本の真夏と同じ感じかもしれないが、暑さは日本のような蒸し暑さというより、地面から加熱されているかのような暑さという感じ?

日中、車の温度計は華氏105°F。摂氏でいうと40.5°Cだ
夜にはセドナの山の向こうで無数の落雷が発生していた

セドナの秋

秋は過ごしやすくてとても人気があるシーズン。紅葉もあり、日本の秋にとても似ている。

紅葉狩りなどトレッキングには最適なシーズン

夜はとても冷え、最低気温は一桁台になるので、暖を取る必要がある。夜間に街を歩く場合は厚手のコートがあったほうが良いだろう。

宿泊施設にあった暖炉の前からついつい動けなくなった

セドナの街並みと治安

セドナの街はとても洗練されており、自然の造形美と人が生活するエリアとのバランスが見事に保たれている。

赤く荒々しい岩山のすぐそばまで閑静な住宅街が広がる光景は不思議だ

飲食店や雑貨屋など可愛らしい店舗が建ち並ぶメインエリアはとてもこじんまりしていて、車でボーッとしながら運転しているとあっという間に通り過ぎてしまう感じだ。

そして何より、セドナはとても治安が良い。夜でも安心して歩ける

セドナのオススメホテル

セドナにはたくさんのホテルが建ち並ぶ。リゾートホテルはもちろん、安価なモーテルもたくさんある。
その中で是非オススメしたいホテルは、『スカイランチロッジ(Sky Ranch Lodge)』。
スカイランチロッジをTripAdvisorで見る

このホテルは、セドナの街を見下ろす丘の上に位置し、景観はおそらくセドナ随一と言える絶景。
厳密に言うとホテルと言うよりロッジなのでアメニティや施設の充実具合でいうと当然リゾートホテルにまさるものはないが、景観だけでいうと五つ星!

丘の上にある「セドナ・エアポート」に隣接するスカイランチロッジ

セドナの4大パワースポットとも言えるヴォルテックスの一つ、エアポートメサに程近く、サンライズを観るために夜明け前から動くには絶好のロケーション。

バルコニーからの眺めがこちら。正面にはビッグサンダーマウンテンのモデルとなった「サンダーマウンテン」がドーンと構える

このロッジで部屋をチョイスするなら迷わず「マウンテンビュー」のお部屋を。その名の通り、サンダーマウンテンを眺めることが出来るお部屋です。

部屋から覗く景色はこんな感じ

セドナのオススメレストラン

実は、セドナではあまり外食をしていなかった。というのも、前述の「スカイランチロッジ」が山の上にありレストランが併設しているわけでもないので(バーはある)、食事に出るには車が必須で、お酒好きの私にとっては、せっかくのアメリカの食事をノンアルコールで過ごすのが忍びなかった。なので、スーパーで買った食材を部屋で食べたりした。

が、一応、オススメの朝食レストラン、夕食レストランをご紹介。

ステーキが絶品!ザッツアメリカンな『カウボーイクラブ』

セドナのアップタウン(中心部)で一度夕食をしたときは、『カウボーイクラブ』というステーキハウスでアメリカン・ポークリブを堪能した。やっぱりアメリカに来たのならステーキを食べねばね!

ハーフサイズでもご覧のサイズ。胃が小さい日本人ならこれで十分

アメリカンステーキハウスのステレオタイプとも言える店構えはとても雰囲気がよく、日本人の我々ツーリストに対しても店員さんはとても気さく。

朝食はセドナの名物オムレツ店『コーヒーポット』で

ウェストセドナに位置するこのお店は、101種類ものオムレツを選べることで超有名なお店。
私が行ったときは朝7時くらいだったが、既にたくさんのお客が訪れていた。
店内はやや薄暗いが、アメリカン・ブレックファーストを楽しめる名店。

メニューが豊富すぎて迷うので、ある程度事前の下調べをオススメします(笑)

次回はいよいよセドナの名所(ヴォルテックス)を紹介します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です