2001盆は茨城サーフキャンプ 2日目

AM5:30 起床。今日も肌寒い。ホントに8月なのか!?朝食にバナナとゆで卵を食べ、出発の準備。

AM7:00 キャンプ場出発。まずは「さざ波」Pをチェック。昨日よりもオンショアが強い。ハンパじゃなく強い。面はぐしゃぐしゃ。続いて「ハンティントン」P→ 「植物園」P とチェック。どこもジャンクコンディションだ!こりゃヤバイ。鹿島灘全滅!?モードで天気予報をチェック、日中は風向きが変わるらしいのでそれを信じてとりあえず北上してみよう。鹿島港の向こうの「平井」Pをチェックしようとするが、海が見えないのであきらめてコンビニでカップラーメンを食いながら今後の予定を会議。会議の結果、北東からの風が避けることが出来る大洗・大貫まで北上することに決定。片道60kmの波チェックに出陣!

AM10:00 「大貫」Pに到着。…なんじゃ~このサーファーの数は!!まるで鵠沼海岸かのようなサーファーの数!路駐の嵐!風はかわしていたが、この人数では無理でしょ。予定を変更して、せっかく大洗海岸まできたのでスパ「潮騒」に。値段チェックの結果、お盆料金らしくて高いのでそのまま波崎へリターン…。

「高いよ」と、石ちゃんもご立腹

AM10:30 途中目に付いた気になる看板「エメラルドビーチはこちら」の誘惑に負け、噂のエメラルドビーチへ。海は灰色だった。

灰色の「エメラルドビーチ」

AM11:45 天気予報は嘘つきだ。風向きは変わらず、雨まで降ってきた。今日はオフか…ということでキャンプ場の近所の日帰りスパ「湯楽々」へ。ここは大洗のスパ「潮騒」とは違い町営のスパなので料金は500円と格安。ゆっくりとお湯に浸かるのであった。

PM13:00 風呂上りにTVで甲子園を観戦してマッタリ過ごす。となると次は腹が減った。ビーチコーミング(サーファーのマストアイテムの無料冊子)に載っていた「真木蔵人も舌鼓を打った味」という記事にそそられたおいらたち(皆「真木蔵人も舌打ちした味」と勘違いしていた)、その記事の店「ゆあさ食堂」へ。中華を基本にあらゆるメニューが揃ったお店。店のおっちゃんもおばちゃんもいい人だった。ビーチコーミングには「よほどでない限り大盛りなんて言わないほうがいいよ!」と書いてあるにもかかわらずコウキはチャーハン大盛りにラーメンと餃子を頼んでいた。おっちゃんに「ホントに!?」と心配されていたが問題なくたいらげていた…。オムライス(650円)を食べたが味が濃くて美味しかった。

PM15:00 ゆあさ食堂の駐車場で都合のため海ちゃん&ショウと別れる。バイバイって言ってから車をUターンさせていたので、バイバイって言ったのになかなか別れられず気まずかった(こういうことあるよね)。だから何回もバイバイって言いました。

看板も無い「ゆあさ食堂」は安くて美味い

PM16:00 本屋で立ち読みして夕飯の買い物したりと、なんともダラダラ過ごしてキャンプ場へ到着。テントで昼寝を始めようとしていた…その時!石ちゃんが「キャンプ場の前のテトラでオンショアかわせるんじゃないの?」とポツリ。ミヤケちゃんがロンスケでいざ波チェックへ!お見事、オンショアをかわしてテトラが見事なブレイクを生んでいるらしい!もちろん徒歩でボード担いで海へ。ちなみに「日川浜」Pと命名。

やばいよやばいよ!ワックス塗り直して早く行かなきゃ!

PM18:30 乗れた乗れた!おいらはセミロングで入水したが、ショートボードでも全然乗れるサイズがあった!セットで胸~肩あるよ、うん。沖に出るのが辛かったくらい。暗くなったのでやむなくあがる。今日は約150kmは移動したのに、一番コンディションが良かったのがキャンプ場の目の前だったなんて…。海ちゃん&ショウには悪い事したなぁ。

PM19:00 焼きそば&餃子をサササっとたいらげ、ジューシーな梨を食べてまったり。今日はお風呂に入ってからサーフィンしてしまったのでキャンプ場の100円温水シャワーを浴びてさっぱり。

PM21:00 今日もY談などせずに就寝。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です