2002年の門出!初サーフは南千葉

AM5:30 起床。さてさて、今日は今年初めてのサーフィンだ!茅ヶ崎は昨日の天気予報からしてサイズはヒザだろう…。という事で、今日も南房総へ行くぞ!お風呂場で熱湯に近いお湯をポリタンクに入れ、保温用のポリタンクカバーをかぶせて完璧だ!卸したてのブーツも持ったし。んで、コウキ、ミヤケちゃんを迎えに行って、久里浜のフェリー乗り場へ!

AM8:10 フェリー出航!船内には、サーファーの姿が1人も見当たらないぞ!波が無いのか…!?先行きが不安だ…。

AM10:00 平砂浦に到着。ファミリーパーク駐車場に車を停め、「ファミリーパーク下」Pをチェクしに。途中、波チェック後のサーファー数名とすれ違う。海から上がってきたロングボーダーともすれ違う。やはり波はないのか…!?しかし、沖のほうから割れ、打ち寄せるかのようなスープの音が聞こえてくる。あるんじゃないの!?砂の丘をのぼり、見ると!腰、セットで腹~くらいのブレイクが割れていた!サーファーも少なめ!風は無風に近い。ただ、地形がいまいちなのか、一度アウトで割れた一見ほれ気味の波は途中でトロめになって消滅し、もう一度インサイドでダンパーのように割れる波だった。まあ楽しめそうだったので、余裕で入る気満々!

一見ホレてダンパーっぽい
いざ入水!ブーツを装着したおいらは水の冷たさが最初わからなかった。しかし、ミヤケちゃんがすごく寒そうな顔をしているので、そうとう冷たいのだろう。パドルして手を水に浸けてみたら、キーンと冷える!南房総でもここまで冷たいのか~!で、波のほうだが、ホレていると思っていたが、いざ乗ってみると厚めの波で、緩斜面を滑り降りる感じでロング向けのファンウェーブだった。おそらく昨日吹き続いたオンショアの余波のうねりだからか、周期がとても早くてすぐに次のうねりが来た。こまめに乗れて面白かった。しかし、それも最初の30分ほどで、だんだんと東からのサイドショアが強まり、面はざわついてきて、サイズも下がり、こじんまりした波がたくさん来るものの、セットでないと厳しくなった。ただ、セットもわりとこまめに来た。

こんな感じのやさしい波だった

PM12:30 徐々に体が冷え、思うように動けなくなってきた!おいらなんかテイクオフがどっこいしょ状態になって、立った後足がすべってスッテンコロリンとボードに尻もちをついてしまったりした(しかも横でミヤケちゃんが笑っていた)。腹も減ったし、ボチボチ上がるかな。

PM13:30 「夜ご飯は焼肉食べたいから、昼は質素にお惣菜で済まそう」という事になって、平砂浦にあるスーパー「ODOYA」へ。ここでカツ、唐揚げなどのお惣菜などを買い、昼食。コウキはカップラーメンにライス、バナナ、お菓子を4袋近く買っていた。お菓子買いすぎじゃない!?

ポカポカ陽気の中の昼食は気持ちいい

PM14:30 昼食後ハイエースに乗ってからも、コウキは早速お菓子を開けて食べる食べる!「食べる?」と勧められるが、おいらもミヤケちゃんも満腹なので「今はいいや」と丁重にお断り。しかし、すぐにコウキは全部たいらげてしまった。結局、おいらたちは一口も食べることは無かった…。

PM16:20 金谷からフェリーに乗り込むが、ここでもコウキはお菓子を持って乗船。「足りるかな…」とボソッと。船内はオジジ&オババでかなり混みあっていた。

PM19:00 シーサイドライン・国道134号線の逗子~江ノ島はびっちり大渋滞。コウキは新たにお菓子をパクパク食べていた。必殺・裏道で渋滞回避。鵠沼の焼肉屋「モクモク亭」に入ろうと車を屋内駐車場へ。すると、ここの高さ制限は2.2m。ちなみに、おいらのハイエースは2.27㍍…。あきらめた。

PM19:45 ウチの近所、浜須賀にある田舎鮨本陣の看板を見ると、「寿司は!?」と。一同、一気に焼肉モードから寿司モードに切り替わる。駐車場はいっぱいで、道路にもびっちり駐車場待ちが。なので、一度車を家に置きに戻り、チャリンコに乗り換える。料亭のような庭を通ってお座敷の離れへ。ココはネタがなかなか大きく新鮮でうまい!オイラとコウキは上寿司(1700円)、ミヤケちゃんは特上寿司(2300円)、三人でアジの刺身(800円)、サバの刺身(1200円)を。特にサバの刺身がとろけるようで最高!リッチな余韻に浸っていた。

いんや~うまかった~

PM22:00 もうちょっと防寒用具をそろえてまた行きましょうと思い、2人を家に届けて無事帰宅。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です