2004WCTクイックシルバープロ エクスプレッションセッション


2004 ASP-WCT 第6戦 JAPAN QUIKSILVER PRO in 部原海岸 Round4
【2004年9月4日、千葉県部原海岸】
本日予定されていたヒートは全て消化された。そして、今日最後を締めくくるのは、FOSTERS EXPRESSION SESSIONだ!30分間の間、ケリー・スレーター、タジ・バロウ、シェーン・ベッシェン、コリー・ロペス、トロイ・ブルックス、ブルース・アイアンズ、CJホブグッド、ダミアン・ホブグッド、そして日本からは大野ノリ!と、超豪華な出場選手たちが飛んで跳ねて乱れまくる、何でもありの大セッション大会!コンテスト中では見られない技のお披露目に期待!!

6度の世界王者を掴んだ男の大きな背中

コリーとトロイもウキウキ気分でパドルアウト

お昼のフリーセッションでは調子よくぶっ飛んでいたタジだったけど、ちょっと元気が無かった

トロイは両手でグラブしながらスーパーマンエアー!?

ベッシェンのこのエアーを見てください、ボードが足の裏にへばりついているかのような安定したエアー!

高い!高すぎます!ベッシェンのぶっ飛びエアー、ボトムからは2mオーバーの高さがありますね、ボードを折らないように…

バックハンドエアーも、ボードが縦になりながらもぴったり足から離れていません!コリーのエアー

これまた高いコリー!どのエアーも着地を決めてたら、間違いなくコリーがベストエアリアル賞を取っていたのでは!?

エアーの中で、ブルースのこんな垂直リッピングを見せられると、なんとなく新鮮な技に思えます

ロングライドして、必ずラストにはエアーを決めるケリー!ショアブレイクなので、目の前でのビッグエアーに観客も大喜びでしょう!

ベストオーバーロールライド賞で$1000を獲得したケリー、本当はベストエアリアル賞も欲しかったようですが…

ベストエアリアル賞を獲得したのは、なんと言っても安定度No1のエアリアルを見せてくれた、CJホブグッド!
いよいよ明日はファイナルデー・・・

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です