台風の爪痕残す茅ヶ崎にて、急激サイズアップ

AM9時半 朝イチはスモールコンディションでノーサーフだった土曜日の茅ヶ崎。

潮が動いてくれば少しできそうな気配もあったので、家でのんびり過ごしていたら、波情報のサイズアップ通知が届いた!

なんとハラ〜ムネまで上がっているようだ。

どうせ厚めのダラダラなブレイクだろうなーと思い、ミッドレングスをチョイス。早速ビーチへ向かう!


チサンに到着すると、なんだか自分の知っているチサンとは違う雰囲気だ。
よく見ると、先日の台風19号の影響で、サイクリングロード沿いの鉄製の柵がぶっ壊れて取れていたためだった。なんか視野が開けているなと思った訳だ。

何か雰囲気が変わったと思ったらサイクリングロードのフェンスが破壊されていたからだった
もはやサイクリングロードの面影がないビーチ沿い
サイクリングロードは砂に覆われて自転車も通行困難な状況だ

各地で甚大な被害をうけたとは聞いているが、ここ茅ヶ崎の海岸沿いの被害もひどいものだった。

で、波のほうだが…波情報の「ハラ~ムネ」よりも大きいではないか!サイズはセットでは頭サイズあり、掘れたブレイクでテイクオフもドロップ気味に決める人が多かった。

波数はさほど多くないし、ピークもはっきりしているのでゲッティングアウトは楽そうだ。

想定していた以上のサイズがブレイク!
チサン左側のピークはレフトのブレイクが炸裂していた
速めの波だがスリリングで楽しかった

意外と西側への流れが強く、チサン正面で入ったのに気がついたら船小屋右側の堤防まで来ていたりした。
レフトの波が良かったが、ライトの波も乗り継いでチサンまで戻る。

そんなこんなで行ったり来たり、2時間ほどのサーフィンを楽しんだ。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です