彼女と九十九里トリップ

AM10:30 昨日の午後から相棒と九十九里に旅行に来ているのだが、この旅行での波乗りは今回が初めてだ。白子温泉の宿から一宮近辺の海水浴場に直行だ。ここはサイズは胸~肩がコンスタントにブレイクしていた。風はほぼ無風。マシーンウェイブのライトがかなりいい感じだ。ということで即着替え。

毎回同じブレイクを見せてくれたこのライトは、マニューバ系のメロウな波
今日は天気もいいし、気温も高い。ってことで、スプリングで入水!…したのだが、海水が冷たいんだな。久しぶりの九十九里をなめていました。3mmがちょうどいいくらいだった。波はかなりいい。一見しょぼいうねりのみと思いきや、徐々にモコモコとフェイスが張り始める。掘れてはいないけど、「ダメだな~」と思った波でもテイクオフ可。これはかなり地形がよさそうだ。

ボディボーダー人口がわりと多かった。セットはなかなかのものです
もっとサーフしたかったのだが、なんせ水が冷たい。オマケにギャラリーの相棒を退屈させるといけないので、約1時間半であがった。

寒さで顔が強張る。でもちょっとかっこつけながらビーチへ戻るのでした~…

ハイジ号リアのベットはいい観客席だ
☆☆☆6月22日の天気図☆☆☆

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です