Axleユーザーズカップ2003

AM4:35 石ちゃんからモーニングコールが。昨日は終日出かけていて、帰宅が遅く寝たのはほんの3時間前だ…。今日はウチの近所、平和町にある高津佐プロのサーフショップ『Axle』のユーザーズカップが「船小屋」Pにて開催される。このコンテストにはおいら、石ちゃん、コウキ、ミヤケちゃんがオープンクラスで出場するのだ。しかも、コンテストだけでなく地引網、BBQ、豪華商品争奪ジャンケン大会などイベント盛りだくさんだ!コンテストの集合時間は
AM6時なので、その前に軽く1ラウンドやっちゃいましょうか!?ってことで、起床後バナナ&牛乳を腹に流し込んで、ピクニック気分でいろいろ荷物をリュックに詰め込んで出発だ!

AM5:00 この時間から「船小屋」Pから「チーパー」Pにかけてのサーファーの人数はパンク状態!やばいでしょ、まだ
AM5時だよ!?すでに何十名ものサーファーが浮いてます。とりあえず「船小屋」Pにチャリンコを停め、ストレッチも早々に入水!朝だから海水もひんやり、スプリングにロンスリのサーモラッシュでもちょい肌寒い。風は無風、
波はインサイド気味のブレイク中心で、サイズは腰~腹、セットはつながり気味だが胸くらいはある。グラッシーな水面がどんより曇りの朝の空とつながってなんともいえない神々しさだ。

早い波だけどサイズはまぁまぁ

早朝からキッズが練習してました。キッズにしたら頭サイズのいい波ですね

こちらもキッズ。真剣なまなざしは大人顔負けですね
ビーチにはテントが設営され始め、続々と車やサーファー、大会の協力者が集まりだした。サエちゃんと友達のシノもやって来た!

AM6:30 さぁ、いよいよコンテストが始まる!まずはみんなでビーチクリーン。やっぱり多いのがタバコのフィルター…。なんで!?タバコ吸うならちゃんと携帯用灰皿を持ってきてよ!そして、高津佐さんから開会の挨拶と説明。オープンクラスは1ヒート6名で10分間。ヒートの1位、2位がラウンド3に通過、3位以下はラウンド2でルーザーというのはASPと同じだね。コウキはヒート1、石ちゃんはヒート2、ミヤケちゃんはヒート3、おいらはヒート6だ。高津佐さんが気をきかせてくれたようで、うちらの仲間はバラバラで良かったです。

ヒート表。オープン予選、ビギナー予選、マスター予選、スペシャル予選、オープンラウンド2、BB予選、オープンラウンド3、ビギナーセミファイナル、マスターセミファイナル、スペシャルセミファイナル、オープンセミファイナル、そして各ファイナルと行われます

トロフィー目指してがんばりましょう!!

スペシャルクラス優勝者にはモーリスコールのサーフボード(右)が贈られます!さらに、大会後のじゃんけん大会の勝者には高密度独立発泡スチロール製のソフトファンボードが贈られます!!

AM7:15 マー坊が観戦にやって来た。おいらのデジカメ撮影をマー坊に託した。この日記念すべき第1ヒートでいきなりコウキの登場だ。高津佐さんから「第1ヒートの人、海入って練習してていいよ」と。コウキは海へ入っていって、何本か波に乗っていた。そしてホーンがなった瞬間にセットが入ってきて、「おっ、いきなりいいセット入ってきたじゃん!コウキ乗れ~!」と。パドルを始めたコウキは…あれれ!?腹ばいのまま波に乗って浜に上がってきたぞ!?間髪入れずに第2ヒートのはずの石ちゃんが登場してきた。ムムム!?実はおいらとマー坊、それにミヤケちゃんはコウキのヒートが始まっている事に気付かず、ずーっとただ練習しているだけかと思っていたのだ!写真も撮らず終い…。結局、コウキは敗退(気付かなかった事とは関係ないけどね)。
さて、石ちゃんのヒートだ。オープンクラスにもかかわらず、キッズたちが普通に参加してますね~。石ちゃんのヒートにもキッズが。そして、このキッズがこのヒートを通過しちゃいました。石ちゃんは波に恵まれず敗退。

黒いウェットに黒いゼッケン。おいらたちはみんな黒いゼッケンでわかりづらかった。でもGONZOのラッシュでかっこよかったけどね♪
続いてミヤケちゃんのヒート。こちらも波に恵まれない感じだ。朝一番に比べて確実にサイズが下がってきている。セット間隔も長くなってきたな。結局ミヤケちゃんも敗退。
さぁ、2ヒートをはさんでいよいよおいらのヒートだ。同じヒートの人たちと「これってどのタイミングで開始なんすかねぇ!?」「いや~、もう始まってますよ~!」「あれ~、そうなんすか!?」やら、「波こね~な~」やら、なんともリラックスして…でも、さすがにパドリングの量はいつもとは違いました。動いて動いて。でも、やはり波が来ない。結局おいらも敗退。今回のコンテストはいい波を掴んだもの勝ちですな。
さて、オープンクラスのラウンド1が終了して地引網タイムだ!サーファーたちがウェット姿で網を引っ張ります。よいしょ、よいしょ…おぅおぅ、かかってまっせ!アジ、サバ、カワハギ、その他もろもろ…よっしゃ~!コレは後ほどお刺身で堪能しましょう♪
ここでショウ、トモちゃん、海ちゃんが登場。「チサン」P方面に入水しに行きました。

AM10:15 オープンクラスラウンド2です。こちらも6名で行われる。まずは、コウキとミヤケちゃんが同ヒートで対戦だ。ミヤケちゃんはなんとかセットを狙い、キャッチした!インサイドまでうまくつなぐ。一方コウキはというと…正面テントのずーーっと左、それはもはや「チサン正面」P!?っていうくらい横にずれていて、おそらくジャッジの目には映ってなかったでしょう。結果、ミヤケちゃんは惜しくも2位、ラウンド3へ進むことが出来ませんでした。コウキもね(6位)。

一時は高津佐さんのヒート表への書き間違いでラウンド3に進出になっていたミヤケちゃん。この手違いには一同ため息…。「おねだりすれば何か高津佐さんに貰えたんじゃないの~?」惜しかったです。
続いてヒート2は、おいらと石ちゃんが同ヒートで出場だ。このヒート、わりと波が入ってきてました。おいらはちっこい波にたくさん手を出して、乗って終わりパターン…。一方石ちゃんは粘ってセットを掴み、高得点をゲット!石ちゃんは1位通過、ラウンド3進出!さすがです。ちなみにおいらは4位でした(お疲れ様)。

石ちゃんの辛抱強い忍耐力が勝利へのセットを呼んだのです!多分。
よっしゃ~、おいらは晴れて自由の身だ。ビール飲むぜ~、ビール!!今日はコンテスト・地引網だけじゃございません。コンテストと同時にBBQも行われてました~♪肉、肉、肉だ~!海のあとの肉!同じヒートを争った人とも楽しくおしゃべり。朝は曇っていた空もすっかり青空!汗ばむ陽気!おぉ、さっき地引網であがった魚の刺身までいただいちゃいますか!!そして酒!いや~、いいっすね~~(^^)

ビールはたんまりでかいバケツ2杯分!

左の裸族3名は敗退組。もうのんびりだね♪これからヒートのある石ちゃんにはお肉はお預けです!

キッズ、ローカルサーファー、みんなで楽しむBBQは最高でした♪

刺身が食いたければこのおっちゃんまでどうぞ(ただし、食べるにはおっちゃんの講義『魚のさばき方』を聞かなければいけません。これは必須です)。
おいらはビールを飲んだくれて顔が真っ赤になっている中、石ちゃんの登場するラウンド3(クォーターファイナル)が始まる。波は既にモモくらいまで下がっていた。厳しいコンディションだ。選手もみんな苦戦。そんな中元気なのがキッズだ。大人にはモモサイズでも、キッズには腰~腹だからバシバシ当てこんでますね!いや~上手い!結局石ちゃんは敗退してしまった。お疲れ様です。
お昼過ぎに「今さっき起きた」というネギちゃんがトランクス姿で登場!腰を痛めているケイちゃんも見学に来た。ネギちゃんはトランクス一丁で海へ入っていった。…ちょっと海水冷たい気もするんだけど…。

PM13:30 おいらたちは肉を食べたり、ビールを飲んだり、おしゃべりしたり、そしてちゃんとサーフしたりとのんびり過ごしている中、いよいよオープン、そしてスペシャルのファイナルが開始。オープンにはキッズサーファーが2名も出場してます!さらには、スペシャルにもなんとキッズサーファーが!ヒザ~モモサイズで大人がてこずる中、キッは腹サイズだから一波で3発のリッピングを見せたりと大活躍!結果、なんとオープンクラスは1位2位がキッズで独占!しかも!!スペシャルクラスも優勝はキッズだ!!実はこのキッズ、最近雑誌やビデオ『Drive Thru Japan』に登場する茅ヶ崎を代表する小学生サーファー・大橋海人君。2002~2003年の冬にはノースショアデビューも果たし、まさに将来WCTも夢じゃないスーパーキッズなのです!

これ、キッズのコンテストじゃないですよ。れっきとしたオープンクラスの授賞式です…。優勝者は湯川正人くん

海人君優勝の瞬間。将来、WCTでこのシーンが見たいものですね。みんな応援してますよ。
さて、コンテストもなんとか終わり、じゃんけん大会の始まりだ!このときばかりは大人もキッズ気分♪ボード目指してコンテストでは勝てなかったキッズと対戦だ!!!
…しかし、このじゃんけん大会の勝者もキッズなのでした~(^^;)
ボードをゲットしたキッズ、そのまま大喜びでボードを抱えて入水してました♪

ヤングパワーは留まることを知らない!

PM14:30 参加者全員で再びビーチクリーン。お疲れ様でした。普段よく海で見るけど話したことが無い人と話せるいい機会でした。そして、自分の未熟さ、若い力への期待感、いろいろなことを感じたいいコンテストでした。

かつてJPSAでも大活躍されていた、現サーフショップ『Axle』オーナーの高津佐プロ。お疲れ様でした。
☆☆☆6月29日の天気図☆☆☆

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です